無軸_top
庭坂伏せ越し 下り ”つばさ” に乗ると、福島を出て数分後、庭坂を過ぎたあたりで、進行方向左側に
レンガの構造物が一瞬、見えます。農業用水が線路を横断する、伏せ越しなのですが・・・

今日は、以前から気になっていた、この伏せ越しを探索します。
列車本数が少なく計画立案が大変・・・
2021/04/18
今日は福島駅から・・・
腰痛にもかかわらず、あとでこの東口を全速で駆け抜けるはめに・・・

2021/04/18
駅構内に入りますと車止め・・・
奥のものはコンクリで固められていて、制走堤と化しています。

2021/04/18
第2種車止めですが、首都圏で見かけるものより若干簡素なので模型化し易い・・・
(第□種など、車止めの分類は鉄道辞典・日本国有鉄道編に拠っています。)

福島 714

庭坂 723

2021/04/18
庭坂駅に到着、ひとまずレンガ油庫に変わりが無い事を見て・・・

2021/04/18
帰りのバス停の在処、時間なども確認して・・・
いよいよ目的の、伏せ越しへ向かいます・・・

2021/04/18
新幹線が急勾配を駆け下ってくるのに気づきましたが・・・
腰痛のため走ることができず、
撮影ポジションに到達できなかった・・・

2021/04/18
本来ならこの風景の中で撮りたかった訳ですが・・・
次の列車を待っている時間はありません・・・
後でLine君に、いい景色だったと云ったら、
「当たり前じゃん、国鉄時代から有名撮影地だ・・・」とのこと・・・

2021/04/18
少し歩いていると至近距離ですが、今度はお寺を背景に撮影することが出来・・・

2021/04/18
続いて各駅停車も来ました・・・
広軌感が著しいですな・・・NゲージやHOゲージを見ているようです。

2021/04/18
さらに進むと鷲神社というのが在りまして・・・左の立札には・・・

鷲神社参道石塔群・庭坂用水(下堰)
庭坂村肝煎芳賀太郎左衛門は、寛永元年(一六二四年)に水田開拓を前提に
天戸川から取水した灌漑用水堰開削を説き、住民の協力を得て用水路(上堰、
下堰)を掘削しました。下堰は横町から庭坂宿の街道を中央を流れ(街心堀)
て町尻に至り、それよりは灌漑用水として上野寺に流れ、庭坂宿の発展に大い
に寄与しました。

用水の建設が、この地域の発展に重要な役割を果たしたようです・・・
この事が、珍しいレンガ製伏せ越しとも関係ありそうです。

2021/04/18
大町踏切りへ到達・・・
しかし、新幹線に踏切があるというのも何とも違和感・・・

2021/04/18
大町踏切からは遠くに、レンガの伏せ越し施設を見ることができます・・・
300mmの望遠レンズで撮影・・・
ところで、新幹線なのに線路が、随分うねってますな・・・

伏せ越しとは、農業用水などが逆サイホンの原理で、
線路下や道路下(あるいは河川の事も)を横断する施設のことをいいます。
水位を高いまま維持することができるので、例えば線路の両側が高台であっても、
灌漑することが可能です。

伏樋(ふせび)の一種でもありますが、
逆サイホンの原理を利用しているのが、特徴的ですので、
ここでは伏せ越しの名称を用いることにします。

伏せ越しは全国各地で見ることができますが、ほとんどがコンクリ製で、
レンガ製は珍しく、私はこの一箇所しか知りません。

2021/04/18
伏せ越しへ向かう途中、たたずまいのよろしい蔵が・・・

2021/04/18
要所を漆喰で仕上げています・・・
下向きの鉤釘(用途・目的は色々な説があります)の根元には花びら模様の飾り・・・
ツブと云うそうです・・・

2021/04/18
到着しました。道路脇から目当ての伏せ越しが見えますが、
流路の取り付けなど、他はどうなっているのかは、藪が深くて判りません。
藪で見えない水路に落ちたりすると、大変な事になりそうなので、これ以上の接近は諦めました。

ちなみに、こういう場面に Line君が居ると、必ず「行かないと行かないと」とけしかけます・・・

2021/04/18
線路を挟んで、伏せ越しの反対側はコンクリ製になっていて、
流路は写真左手へ流れ下るようになっています・・・
以前、ここを訪れた事のある方の見解では
線路を複線化拡幅した際に、レンガ製からコンクリ製へ作り変えられた可能性がある。
とのことです。
なお、この区間の開業は、奥羽南線として1899年(明治32年)
複線化されたのは1968年(昭和43年)ということで、確かに時代的にも整合しています。

先程の大町踏切へ戻って、反対側へ・・・

2021/04/18
反対側からのアプローチを探していると、
丁度、老夫婦に出会い・・・なんという僥倖・・・
「ああ、それならうちの畑から撮るのが良いよ」と・・・
自身の経営されている、果樹園の中へ快く案内して頂きました。

2021/04/18
伏せ越しのこちら側は、コンクリ製で、
右側の桝から逆サイホンの原理で用水が湧き上がってくる仕掛け。
左の桝は、用水を一時貯留しておくものと思われます・・・
手前に用水が流れ下りますが、現在は使用されていません・・・

2021/04/18
用水が上がってくる部分を覗くと梯子が・・・
水位はかなり低くなっています
梯子は、保守で内部に溜まる土砂を排出する目的と思われます・・・
伏せ越しは、水質や流速にも依りますが、
内部に土砂が溜まりやすいのが難点ということです。
この辺りは水質が良いので、伏せ越しの設置が可能だったのかも知れません。

2021/04/18
庭坂駅寄りの角度から・・・アーチ部がよく判ります・・・
左手のコンクリの法面工事は、有難い事に、丁度、伏せ越しの手前で止まっています。

2021/04/18
望遠レンズで拡大・・・
小口面を焼過ぎとしたレンガを積んでいます。
長手面が表れる段、小口面が表れる段、と規則正しく繰り返される英国積みですが、
上から20段目辺りで、不規則になっていて、
それはアーチ部の迫(せり)受けの影響によるものと思われます。

2021/05/01
模型化図面を起こしてみました・・・
上から20段目辺りのレンガ積みの件は、図面を描いたおかげで気づくことができました。
一方、藪に隠れていた不明ヶ所が、気になって仕方がありません・・・
誰か調べてくれないかな?
レンガの寸法から推測した全高は 約4,545mm

2021/04/18
時折、列車も通過・・・

2021/04/18
案内して頂いた老夫婦の果樹園。桃の花だそうです・・・
収穫時期が楽しみ。豊作を願います・・・

2021/04/18
老夫婦にお礼を言って帰り道・・・通りかかったのを撮る・・・

2021/04/18
途中・・・ロープウェイのゴンドラのようなものを見る・・・
何処から持ってきた物でしょうか?
TGVさんご存知ない?

2021/04/18
歴史のあるものが色々残されています・・・

2021/04/18
石垣が積まれた水路・・・
古くから用水が重要な役割を果たしていたことが伺えます。

2021/04/18
庭坂駅へ戻って・・・レンガ油庫・・・
レンガの寸法などを計測します。
レンガの寸法から、伏せ越しの寸法を推測する魂胆なので・・・
レンガ寸法 約225×110×55mm(メジャー計測)
ちなみに油庫の外形寸法は、腰の高さで、5825×3970mm (レーザー計測)

2021/04/18
しかし、その手法は誤差も大きい・・・
例えば、左側の窓幅 920mm に対して右側 940mm
2% ぐらいの誤差は見込まなければなりません。

庭坂駅前 956(2分遅れ)
|福島交通バス
福島駅東口 1018(2分遅れ)
福島 1024
レやまびこ53
一ノ関 1122 1153

新田 1219 1311

次、福島へ戻る列車は 1346 なので、止むを得ず庭坂駅前からバスに乗ります。
福島駅東口に着いたのは2分遅れの1020・・・
ところが、バスの運ちゃんに50円足りないと言われ、
「ちゃんと払いましたよおー」と抗議しますが、
もめて新幹線に乗り遅れると困るので、余計に払おうとすると、
「払ったならいいよー」と、その無駄なやり取りでますます時間が無くなり・・・

急いで、福島駅東口の在来線改札を通過、
跨線橋へのエスカレーターを駆け上がり、
今度は西口へ向けて、長い長い跨線橋を走り、
新幹線改札を通過、
新幹線ホームへの長いエスカレーターを駆け上がり、
13番線、既に発車ベルの鳴っている”やまびこ53”に乗車、
この間4分、ぎりぎり間に合いました・・・
腰痛持ちに、大変な苦行を強いるバスは、大嫌いだあ・・・

会社は退社しましたが、お局さんが聞いたら、さぞかし大喜びしそうな事案となりました。

2021/04/18
仙台を出て・・・

2021/04/18
こちらは何とか天候は持ちましたが・・・
弘前辺りに居たLine君はこの後、雨に降られたようで・・・

2021/04/18
一ノ関に到着・・・

2021/04/18
構内には国際リニアコライダーの誘致ポスター・・・
一部の人の利益にしかならないオリンピックなどいいから、
このような事に税金を使って欲しい。

2021/04/18
広々した、一ノ関駅構内・・・

2021/04/18
貨物がよく通る・・・
かっこいい EH500 の一桁番台・・・

2021/04/18
お弁当を売っていたので仕入れました・・・

2021/04/18
一ノ関 1122 1153

新田 1219 1311

JR東日本で最も古い駅舎が建て替えられるという、
Line君の余計な情報インプットがあり、
新田駅にやってきました。
何と 1894年(明治27)に建築だそうです。

屋根は写真右手が入母屋、左手が切妻です。
左手は後に切り詰めたため切妻になったのか?と思いましたが、
そういう訳でもなさそうです。
待合室には新田駅の歴史写真の展示・・・

2021/04/18
跨線橋と併せて・・・
駅入口には案内板があり、次のように・・・

新田駅の駅名由来
奈良時代の「天平九年紀」(七三七)によりますと、陸奥国府
多賀城の支鎮として新田、中山、玉造、色麻、牡鹿の五柵が設け
られ、蝦夷からの攻撃防衛にあたったことが記されています。新
田の地名は、この柵の名前に由来します。
「ニッタ、ニイダ」というのは「ニタ、ヌダ」と同じ意味で湿地を
指す言葉です。「出雲風土記」の仁多郡の記述の中にも「こはに
たしき小国なり」とあり「雨多(にた)」と名付けた旨が記載さ
れています。
湿地には猪が来て、土に身体をなでつけて体臭を放散させる
ことから、猪を待ち伏せする事を「ニタ待ち」といいます。富士
の巻狩りで有名な仁田四郎忠常の「仁田」氏も、このような土地
から出た人だといわれています。

この地名の由来を受けて、明治二十七年(一八九四)一月四日、
東北本線が当地に開通した時、新田駅が開業いたしました。
◆参考資料◆
■仙台鉄道管理局「駅名ものがたり」

2021/04/18
早速、構造を観察・・・
後の時代のものと比べて頬杖の数が少なく、細身。
梁を渡す方向も違います。

現役最古の木造駅舎と伝えられる、亀崎駅(明治19年)と似ている部分もあります。

2021/04/18
梁の端が外壁の外に出ていて、化粧刻みが施されています・・・

2021/04/18
切妻側を見ます・・・垂木の一本が軒下に出ているのも、あまり見ませんが、
母屋材の傾きに注目
.は屋根勾配に沿った傾きですが
.は柱に沿って直立しています。ところが、
.はその中間の傾きのように見えます。
通常は1か3のどちらかに揃えるのが普通と思いますが、
棟梁のこだわりなのか美意識なのか、
それとも迷いなのか、あれこれ想像するのが楽しい・・・

2021/04/18
切妻側の庇の支えにも簡単な刻み加工が見られます・・・・・

2021/04/18
待合室・跨線橋・駅舎・・・

2021/04/18
鋼材による補強が入っていますが、待合室も良いものです・・・
建物財産表は見当たりませんでした。

2021/04/18
カモレの通過・・・待合室と共に・・・

2021/04/18
跨線橋。こちらも建物財産表は見当たりませんでしたが、
駅待合室の歴史写真展示によれば、昭和30年製のようです。
階段部の角窓の上下にも、三角形の採光窓が入る、珍しいスタイル・・・

2021/04/18
歴史があって、これほど面白味のある駅舎を建て直す価値が果たしてあるのか???
はなはだ疑問に感じつつ、新田駅を後にします。

新田 1219 1311

一ノ関 1338 1345
レ東北本線 盛岡行き
盛岡 1513 1537
レはやぶさ25
新青森 1643 1651

弘前 1727

2021/04/18
石鳥谷駅で・・・
駅名が面白いので車内から撮ったのですが、母屋材の配置、傾きを見ますと、
ここの2番目の母屋材も微妙に傾いているように思われます。
妻面から見える母屋材の傾きを次第に変えるのは、この地方の習慣かも知れません。

こちらの駅舎も調べないといけなくなりました・・・

2021/04/18
弘前着・・ここでようやくLine君と合流します。

2021/04/18
弘前駅到着直前にレンガの煙突が見えたので、正体を確かめに・・・

2021/04/18
煙突を至近距離から・・・
焼き色の異なったレンガを組み合わせています・・・

2021/04/18
レンガの倉庫も・・・
右の屋根は、雪の重みで大分痛んでいるようです。

2021/04/18
凝った意匠の立派な建屋・・・

2021/04/18
表札を見てようやく判明・・・吉井酒造株式会社・・・
大量の米を蒸す工程があるので、酒造会社には煙突が在ることが多いです。
こちらの建物も軒を3本の頬杖で支えるなど、興味深いもの・・・

なお、弘南鉄道・中央弘前駅近くの旧吉井酒造煉瓦倉庫が観光施設として有名です。

2021/04/18
あとは、個室に区切られた居酒屋でLine君と久々の宴会・・・


東禅寺山隧道  へ戻る・・・  次は 小坂鉄道  へ・・・

油庫リスト へ戻る

無軸_top