無軸_top
小坂鉄道 今日は、弘南鉄道に乗って黒石の中町こみせ通りを見学・・・大館からLine君運転の
レンタカーに同乗し、小坂鉄道と小坂鉱山の遺構へ・・・

2021/04/19
弘南鉄道の弘前駅駅舎・・・

2021/04/19
JR駅では、朝からEH500が到着して、すぐ出発・・・
せっせと働いています・・・

2021/04/19
この電車で黒石へ・・・

弘前 608

黒石 643 750

2021/04/19
途中、新里駅で48640を見る・・・

2021/04/19
黒石に到着・・・
あまり大柄ではない制走提を見る・・・
下車客全員がホームから捌けるまで、乗客がホームに入れないので、さっさと撮影・・・

2021/04/19
駅前にはさっそくこのような建物が・・・
右側はそば屋ですが、左は一般住宅のようです・・・

2021/04/19
中町こみせ通りへ北側から・・・最初は「松の湯」・・・
案内板には・・・

「松の湯」の由来
「松の湯」の名前は「松の木のある湯」からと思われ
る。「旧松の湯」は明治四十四年(一九一一年)に銭
湯が営業していた記録があるので、建物はそれ以前に
建築されていたと考えられる。
「松の木」は、古くから黒石市中町の人々だけでな
く、「中町こみせ通り」のシンボルとして、県内外の
観光客から親しまれている。

黒松の老木
樹齢 約三百五十年
幹回り 二メートル五十一センチ
木の高さ 十二メートル

黒石市

2021/04/19
こみせ通りを歩いていると、なにやら鐘楼のようなものが・・・

2021/04/19
なかなか興味を惹かれる望楼・・・案内板には次のように・・・

くろいし景観遺産 No.15
第三消防屯所
大正十三年建設で、総五階建ての迫力のあ
る姿は、当時の洋風建築の雰囲気を醸し出
している。かぐじ広場から後ろ姿が見える
のも特徴で、良好な景観を形成している。

県重宝
黒石市消防団第三分団第三消防部屯所

所在地 青森県黒石市大字甲徳兵衛町三番地
指定年月日 平成十五年七月十四日
所有者 黒石市

大正十三年(一九二四)に建築された望楼付き木造二階建
消防屯所である。当時は、二階前方にバルコニーを設けてい
たが、昭和三年にノーザン式消防自動車の配備に伴い、一階
部分を増築したためバルコニーは取り外され、現在の建築様
式に至っている。また、二階部分前方に一間×一間の望楼を
三段載せており、全体として五階建(約一三.六八m)の建
物になっている。
入母屋屋根の装飾や望楼の屋根に近代建築の意匠を取り込
んでいることに特徴があらわれており、建築当初の様子がよ
く保存されている。

平成一五年八月三十一日
黒石市教育委員会
寄贈者 黒石市火の見櫓研究会

2021/04/19
酒蔵のようです。

2021/04/19
代表的商家、高橋家・・・案内板には・・・

高橋家住宅・・・
国指定重要文化財
高橋家住宅
▽所在地 黒石市大字中町三八番地
▽指定年月日 昭和四八年二月二三日

〇建築年代・・・宝暦一三年(一七六三)ころ
〇構造・様式・・・木造・一部二階・間口一〇.九メートル
・奥行き二〇メートル・切り妻造り・妻入り
で、亜鉛引き鉄板ぶき・東面に「こみせ」
付き。
〇特徴・津軽地方の典型的な商家構造で、吊
り上げ式大戸・通り土間・吹き抜け天井・
出格子窓などを具備。
〇高橋家由緒・・・享保二年(一七一七)、この
地に住みつき、代代「理右衛門」を襲名。
黒石藩御用たしの米商。屋号は「米屋」。
昭和六一年一二月
黒石市教育委員会

2021/04/19
蔵は軒が深い・・・
積雪で崩壊しないのか?強風で飛んでいかないのか?

「こみせ」とは、雪避けのアーケード状のものを云います。

2021/04/19
こみせ通りを後にします・・・珍しい形の蔵・・・
電柱は地中化して欲しい・・・

2021/04/19
肥料店は蔵作りの重厚なもの・・・

2021/04/19
再び望楼が見えてきました・・・

くろいし景観遺産 No.14
第二消防屯所
周囲の通りから望楼を見ることができ、地域
を見守っている様子がうかがえる。大正九年
建設で、現存する望楼付きの屯所では最古の
ものである。木材の年季の入り具合が趣を表
現しており、良好な景観を形成している。

2021/04/19
望楼の二階・・・
手摺の彫刻など凝っています・・・
かっての町の繁栄を物語っています・・・

2021/04/19
望楼を見上げる・・・

2021/04/19
一時間あまり町を見学して、黒石駅へ戻ってきました・・・
一部には耐震補強・・・

黒石 643 750

平賀 808 838

2021/04/19
電車庫が在った平賀駅で下車・・・
駅は共用施設の中・・・

2021/04/19
貨車がだるまに・・・
右は、元ワム23000かワム90000と思いますが、
輌数の割りに保存されている車両が極めて少ない。

2021/04/19
可愛らしい凸型電気機関車・・・

2021/05/01
車庫の中・・・雑然とした感じがまた良い・・・
模型で再現したいと思う風景・・・

2021/04/19
平賀駅改札風景・・・
黒石ゆき 改札中です・・・の電光表示・・・
待機する駅員さん・・・

平賀 808 838

弘前 854 940
レつがる2
大館 1016

2021/04/19
弘前へ戻って・・・一時間弱構内をウロウロ・・・

この頃、ようやく起きだしたLine君からは
まだチェックアウトしてないんでしょ?
東横インは10時チェックアウトだよ。それまで部屋使えるよ。

などとMessengerで余計なチャチャを入れてきます。
そんなことよりホテルへ戻る方がめんどくさい・・・

Line君と合流して、つがる2号で大館へ・・・

2021/04/19
大鰐温泉駅では弘南鉄道への跨線橋・・・

2021/04/19
大館駅着・・・駅前の花善で、駅弁を仕入れる・・・

2021/04/19
Line君運転のレンタカーに同乗し、小坂レールパークへ・・・
小坂鉄道の廃線跡が添ってます・・・

ちなみに当方は早々と運転免許証を返納してしまいました・・・
鉄道と自転車が在ればそれで十分なので・・・
警察署の窓口で、本当に返納していいんですか?と何度も念を押されましたが・・・

2021/04/19
小坂駅へ到着・・・
Line君はさらに十和田湖方面へ・・・

2021/04/19
線路側から見ます・・・随分長い駅舎。屋根の組み合わせが複雑・・・

2021/04/19
早速、目に入るのが緩急車・・・
足回りは塗装中のようです・・・
特に解説はなし・・・

2021/04/19
キ115ラッセル車・・・
窓が増設されたり雪かきの一部が違いますが、
国鉄キ100と類似部分が多い。
塗分けは凝ってます・・・

2021/04/19
ラッセル車・・・
後部台車はアーチバー台車です・・・

2021/04/19
小坂鉄道改軌前の蒸気機関車も在って・・・
水タンク横に張り出したステップは珍しい・・・

旧小坂鉄道11号機関車
軌間762mm
大正15年 雨宮製作所

2021/04/19
反対側から・・・
第三種乙に属すると思われる車止めにも注目・・

2021/04/19
旧小坂鉄道 貴賓客車(ハ1)が保存されています・・・

2021/04/19
デッキ上に、三人の労働者が肩を組んでいる様な、あまり見ない装飾がある一方・・・

2021/04/19
雨樋は住宅用を流用しているようで・・・
少々、ちぐはぐな感じが面白い・・・

2021/04/19
台車はアーチバー台車・・・

2021/04/19
折り机のある貴賓室・・・

2021/04/19
車庫にはDD13が数輌・・・
国鉄のDD13とほぼ同様・・・

2021/04/19
その汽車会社の銘板・・・

2021/04/19
寝台特急「あけぼの」の車両・・・ホテルとして使用されています・・・

2021/04/19
腕木式信号機の他、色々な展示・・・
赤い腕木は場内信号機用 腕木の長さ120 cm・・・
黄色の腕木は通過信号機用 腕木の長さ84 cm・・・

2021/04/19
第二種車止め・・・

2021/04/19
手前は第三種乙車止めですが・・・
通常、見かけるものとは少々異なる・・・
自社で製作したもの?

2021/04/19
トキ15000 その向こうはトラ4000・・・

2021/04/19
小坂レールパークを後にします・・・
外には木造貨車・・・倉庫として使用しているようです・・・

2021/04/19
こちらも木造貨車・・・
端梁にはバッファーの跡・・・

2021/04/19
共用栓
小坂鉱山の上水道は、明治29年(1896)年の主に鉱業用水として、堀切沢から元
山まで水を引いたことに始まります。
その後、明治38年(1905)年に、砂子沢川の錠から取水するようになり、飲用・
防火用にも使用できるようになりました。
鉱山労働者の住む長屋がある地区には、共用栓がおかれ、そのまわりは主婦た
ちの社交の場ともなりました。
小坂町

2021/04/19
大規模だった小坂鉱山に関連する遺構が残されています・・・

小坂鉱山病院記念棟(明治41年建築)
同和鉱業(株)・小坂精練(株)寄贈
小坂鉱山病院は、明治41年に秋田県内一の総合病院としてこの
地に建設された。ルネッサンス風外観の本館は小坂鉱山を代表する
建築物の一つであったが、昭和24年に惜しくも焼失する、平成9
年小坂鉱山病院は89年におよぶ歴史に幕を閉じ、翌年この建物だ
けを残し病棟も解体され、跡地に小坂鉱山事務所が移築された。
この建物は、創建時の姿を今に残す唯一の遺産であり、小坂鉱山
病院の存在を後世に伝える記念として、修復・保存したものである。

2021/04/19
案内の石板には次のように・・・

旧電錬場妻壁
このレンガ壁は、移築前の小坂鉱山事務所正面に位置
した旧電錬場(現電解工場、明治42年)妻壁です。
旧電錬場は当初寄棟屋根でしたが、大正初めに切妻に改
造され、藤田組の社章が表示されました。
平成9年の増築に伴い妻壁は解体されたため、歴史的建
造物の記念として、その一部をここに復元したものです。

2021/04/19
小坂鉱山事務所・・・
現在は鉱山資料館となっています・・・

2021/04/19
鉱山資料館を見学・・・
歪みのあるガラスを通して撮ってみる・・・

2021/04/19
螺旋階段・・・

2021/04/19
何か判りません・・・

2021/04/19
旧聖園(みその)マリア園「天使館」(昭和7年建築)
社会福祉法人こばと会 寄贈
聖園マリア園は、昭和6年小坂鉱山の協力
を得た聖心愛子会(現聖心の布教姉妹会)
会長シスター・テレジアにより、鉱山従業員
子弟の幼児教育機関として設立された。
この園舎は昭和7年に現在地に建てられ、
こばと会への経営譲渡を経て、平成4年の新
築移転まで使用されたものである。平成14
年3月創建時の姿に修復。当初の名称「聖園
天使園」にちなんで「天使館」と命名された。

2021/04/19
今で云う電話ボックス・・・自働電話の表示・・・

2021/04/19
康楽館(明治の芝居小屋)の賑やかな幟・・・
ほとんど人が居ないのが何とも・・・

2021/04/19
赤煉瓦倶楽部、ここも営業はしていませんでした・・・

赤煉瓦倶楽部
明治の鉱山工場の動力源/旧小坂鉱山工作課原動室

建築構造 木骨煉瓦造
建築年 明治37年【1904】
移築年 平成26年【2014】
国登録有形文化財

かつて、ここ山間の地・小坂は、東洋一の銅山の街と
して賑わっていました。当時の小坂鉱山では、電気を
自給して、街に灯りをともすとともに、たくさんの工
場設備を動かしていました。この建物は、機械器具を
製作する工場であった「鍛冶製缶場(かじせいかんば)」に電気を供給す
る配電所で、小坂鉱山内の工場施設に多く使われてい
た「木骨煉瓦造(もっこつれんがぞう)」の建造物として貴重なものです。

平成26年、現在の場所に移築・再現され「赤煉瓦
倶楽部」としてよみがえりました。

2021/04/19
小坂鉄道の線路・・・未だ現役のようにも見えます・・・

2021/04/19
その線路を眺めながら、花善で買ったお弁当を広げる・・・

2021/04/19
今度は、路線バスで大館駅へ戻ります・・・
時間は掛かりますが、視点が高いのでよく見える・・・
脇道にも入るので、来るときは見えなかった路線も観察・・・

康楽館前 1354
       |秋北バス ¥840
大館駅前 1446

2021/04/19
大館駅へ戻って近くの、
旧小坂鉄道大館駅の側線と第二種車止め・・・
一番手前の車止めだけ、レールの角度が違います・・・

2021/04/19
元は渋谷駅前に在った、かえる電車・・・
秋田犬・忠犬ハチ公の縁で、この地へ来ました。

2021/04/19
大館駅ホームからは、望遠レンズで転車台を・・・

大館 1534

秋田 1722 1816

2021/04/19
碇ヶ関駅の油庫は失われてしまいましたが、この路線は油庫街道・・・
早口駅・鷹ノ巣駅・二ツ井駅、各駅の油庫を撮影しながら・・・
三駅の油庫は変わりないようです・・・

写真は鷹ノ巣駅・・・

2021/04/19
あとは、こまちで・・・

今日は一旦、自宅へ戻って、明日は原ノ町へ・・・
Line君は新青森経由で、はやぶさ46・・・
盛岡で、こまち46と連結しますが、行き来はできないので、Messengerで、
お宅、仙台に泊まってしまった方が良いんじゃない?
と相変わらずMessengerでチャチャを入れてきます。

2021/04/19
お昼の鶏が美味しかったので、お弁当はまたもや鶏・・・Line君は・・・

お宅の秋田回りと、こっちの新青森経由と、どっちが運がいいか試す・・・
とかで、(そもそもその発想が変・・・)

お宅が抑止に巻き込まれるとか、大雨に降られるとか、すると楽しいなー


とか云ってましたが、そうそう何か起こる訳でもなく・・・

秋田 1722 1816
レこまち46
上野 2158 2210

我孫子 2242 2249

北柏 2252

ちなみに今回は二つ玉低気圧が来ていたので、
前半、Line君は大雨に降られています。
当方は、幸い小雨がパラついた程度で済みました・・・


サーバーのパフォーマンスが十分ではないため、画像の一部が読み込まれない場合があります。
その際は、ブラウザの ←戻る で一旦戻り、進む→ で再度表示させると、読み込まれる事があります。

庭坂の伏せ越し  へ戻る・・・  次は 原ノ町  へ・・・

油庫リスト へ戻る

無軸_top