無軸_top
猪谷駅・千里駅・東岩瀬駅 おと休、北陸フリーパス二日目・・・先ず高山線の駅を色々見て、
富山ライトレールなど

2022/5/23
ホテルの窓からは新高岡駅が見えます・・・

本日の行程
新高岡 656

富山 731 758
レひだ6
猪谷 835 1107
レ下り
千里 1137 1240
レ上り
越中八尾 1246 1307

富山 1335 1345

東岩瀬 1406
|徒歩
岩瀬浜 1516

南富山駅前 1606 1610

富山大学前 1647 1649

トヨタモビリティ富山Gスクエア五福前 1650 1751

丸の内 1755 1822

中町 1833
|徒歩
西町 1835

南富山駅前 1848 1852

電鉄富山 1904

富山 1915
レはくたか571
新高岡 1923

2022/5/23
在来線の新高岡駅から・・・高岡を経由・・・富山まで直通・・・

新高岡 656

富山 731 758
レひだ6
猪谷 835 

2022/5/23
富山着・・・ひだ6号に乗り換え・・・

2022/5/23
この辺りの跨線橋は橋脚が鋳鉄製の古いタイプが多い・・・
速星駅・・・

2022/5/23
段々畑・・・

2022/5/23
猪谷駅へ到着・・・

2022/5/23
JR西日本とJR東海の境界駅なので、乗務員交代、ひだ6号を見送り・・・

2022/5/23
駅構内を渡る水路橋が目につきます・・・

2022/5/23
猪谷駅本屋・・・

2022/5/23
猪谷駅本屋・・・
昔ながらの、やや大柄の駅舎が、減築などの改造を受けずに残っています。

2022/5/23
水路橋・・・
水量豊富で結構な音で流れています。

2022/5/23
猪谷関所館はお休み・・・神通川の対岸に渡ってみますが、
立ち話をしていた工事関係者に聞いてみたところ、
この上に廃線跡があるものの、行くのはかなり大変とのことで、早々に断念・・・

2022/5/23
駅の南側へ行ってみます。猪谷駅構内・・・
水路橋も見えます。

2022/5/23
川の対岸を見ると、山の中腹に線路跡らしきものが見えますが・・・
判然としません。

2022/5/23
西禅寺へ登ってみます・・・

2022/5/23
真っすぐ上がると西禅寺・・・
右手に下の狛犬・・・

2022/5/23
とぼけた表情をした狛犬・・・
光線の具合が絶妙でした。

2022/5/23
猪谷駅へ戻って、また水路橋・・・
一番手前の橋脚は下の水路を避けるため、他と形状が違います。

2022/5/23
ひだ8号の入線・・・

2022/5/23
ひだ8号を見送る・・・
暗くつぶれてしまっていますが、この先には、トンネルが二つあり、
左に神岡鉄道、右側に高山本線のが在ります。

2022/5/23
富山方面からの普通列車
この列車で折り返します。

猪谷 835 1107
レ下り
千里 1137

2022/5/23
千里駅着・・・
高山本線の木造駅舎を、奥側(富山から遠い方)から攻略します。

2022/5/23
千里駅前・・・

2022/5/23
妻面に四本の小屋束が特徴的です・・・

2022/5/23
上り線ホームから・・・

2022/5/23
建物財産標

駅 待合所
05-1002
昭和2年9月
A


建物財産表の下には・・・

放送受信章
NHK

建物財産標の上は何か判りません。

2022/5/23
ひだ3号の通過・・・

2022/5/23
ひだ3号の通過・・・

2022/5/23
今度は上り列車で越中八尾へ・・・

千里 1137 1240
レ上り
越中八尾 1246

2022/5/23
越中八尾駅到着。

2022/5/23
ここも跨線橋の足は鋳鉄製です。
製造所や製造年の判るものは見当たりませんでした。

2022/5/23
越中八尾駅正面・・・

2022/5/23
駅待合の天井は
多少、凝ったもの・・・

2022/5/23
越中八尾 1246 1307

富山 1335 1345

東岩瀬 1406

旧富山港線の東岩瀬へ・・・
途中、速星駅構内でDD200を見る・・・

2022/5/23
レーシング模様の鉄橋を渡って・・・

2022/5/23
富山着・・・
観光案内書で、市電の一日フリーパスを購入、
直ぐ富山ライトレールに乗り換えます。

2022/5/23
東岩瀬に着いて見送り・・・

2022/5/23
保存されている東岩瀬の駅・・・

2022/5/23
ホーム上屋も保存されています・・・
左は富山ライトレールの線路。

2022/5/23
彫刻などが楽しい正面玄関・・・

2022/5/23
観光案内所でお薦めされた、旧北国街道を巡ります・・・
うだつのついた佐藤釣具店。右には生えさの自販機!

2022/5/23
通りを歩いていると酒造所が在って・・・

2022/5/23
庇の持ち送りの金具が大変凝っている・・・

2022/5/23
通りから一歩脇に入ると、酒造所の建物が並んでいます・・・

2022/5/23
酒造所・・・屋根の重なり具合や、
斜めにカットされた壁面などが楽しい・・・

2022/5/23
通りへ戻って回船問屋。
案内板には以下のように・・・

回船問屋森家と古い町並み
森家は、屋号を四十物屋(あいものや)といい、当主は
仙右衛門を名乗った。
四十物屋仙右衛門家は江戸末期から明治にかけて、北
前船の船主・肥料商・諸国の回船業者と取引のあった回船
問屋であった。明治期には金融業に進出して大いに活躍した。
家屋は、明治6年の岩瀬大火で消失し、現在の建物は明治
11年に建てられた。森家の建物は岩瀬の古い町屋の形を残し
ており、国の重要文化財に指定された。(平成6年12月)。
大正時代まで家の裏は神通川の船付場であった。玄関から
船付場まで「通り庭」と呼ばれた土間廊下が続き、土間廊下
に沿って母屋、台所、庭、道具蔵、米蔵が続いた。森家の
肥料蔵は別にあった。母屋のオイには囲炉裏が切ってあり、
商取引の場であった。オイの吹き抜けは、梁が井型に組まれ
た見事な建築美を見せている。

森家のある大町の西側は、神通川を背にして船主、肥料商
の大家が軒を並べていた。岩瀬のメインストリートは、江戸
時代には加賀藩主、大聖寺藩主の参勤交代の往還道であった。
春には、肥料を仕入れる人が岩瀬へ押し寄せた。秋には、
二百近い村々から藩の御蔵から町蔵へ米を納める人々が馬に俵
をつけて岩瀬へ集まった。
また、街道の宿場であったので他国からの旅人のための宿屋、
茶屋、食べ物屋で賑わった。明治には馬車や荷車で肥料を運
ぶ人達で大町通りはごったがえした。町にはこれら近在の百
姓への肥料だけでなく、農具や生活に必要な品物を売る店も
大繁盛した。

2022/5/23
傾きかけた日と板壁が面白いパターンを・・・
もう少し工夫して撮ればよかった。

2022/5/23
軒が全く揃っていない町屋も面白味があります・・・

2022/5/23
終点、岩瀬浜駅へ向かって歩きます・・・
乗車する折り返しの電車が来ました。

2022/5/23
岩瀬浜から富山駅を過ぎ、南富山駅前へ、それから富山大学へ
富山大学で折り返し・・・トヨタ何とか駅へ・・・
で、有名撮影地で撮影・・・
トヨタ何とか駅は長すぎて迷惑でないのだろうか?

岩瀬浜 1516

南富山駅前 1606 1610

富山大学前 1647 1649

トヨタモビリティ富山Gスクエア五福前 1650

2022/5/23
立山連峰を背景に・・・

2022/5/23
しばらく撮影します・・・

2022/5/23
撮影していると・・・

2022/5/23
おなかが空いたので、大阪王将で早めの夕食・・・
そういえば昼食を取るのを忘れてました。

トヨタモビリティ富山Gスクエア五福前 1650 1751

丸の内 1755 1822

中町 1833

西町 1835

南富山駅前 1848

富山市電は以前に全線踏破していますが、今回もう一度乗ります。

2022/5/23
また、南富山駅前へ・・・
電鉄富山線も乗ります。フリーきっぷエリア内はできるだけ乗る魂胆。
ところで、この駅で繋桿が二本在る、第三種車止めを発見しましたが、
撮れませんでした。

南富山駅前 1848 1852

電鉄富山 1904

写真提供:Line 2022/7/3
追記:後日、南富山へ行ったヒガミちゃんの画角に・・・
偶然、その車止めが写っていました。

写真提供:Line 2022/7/3
上写真の部分拡大・・・繋桿が2本、同じ高さに渡されています。

2022/5/23
電鉄富山駅着・・・

2022/5/23
富山からは新幹線で新高岡へ・・・
ホテルへ戻ります。

富山 1915
レはくたか571
新高岡 1923


備後東谷橋梁 へ戻る・・・  次は 九頭竜湖駅・永平寺口駅 へ・・・

鉄道油庫 へ戻る

無軸_top