無軸_top
根室本線 秋のおと休、2日目は、根室本線のレンガ油庫の再訪と、根室本線建設当初からのものという
踏切警手小屋の探索・・・そろそろ台風の影響が心配ですが・・・

2019/09/08
毎度の如く始発から・・・
なぜ、何時もせかせかと始発からなのか?とLine君は文句タラタラですが・・・

人生は難しい・・・何かやろうと思っても直ぐにはできません。
時には間違った道を進んでしまうこともある・・・
しかし、
(挑戦し続けるという)そういった形でしか目標は達せられないのです。
ルイ・ド・ブランジュ博士(数学:整数論)

旭川 640

美瑛 745 801

2019/09/08
近代的な駅の中では、旭川駅が落ち着けるデザインで一番好ましいと思う・・・

2019/09/08
富良野線気動車の入線・・・

2019/09/08
美瑛も近くなると・・・それらしい景色・・・

2019/09/08
美瑛着・・・白樺並木の背景・・・

2019/09/08
気動車を見送り・・・跨線橋は出入口に雪切がついています・・・

2019/09/08
美瑛駅本屋は瀟洒な石造りです・・・

2019/09/08
駅到着時に目に付いた倉庫を見に行きます・・・

2019/09/08
造形的に撮ってみる・・・
台風接近のためか鱗雲が印象的・・・

2019/09/08
右書きで、美瑛 農業? 協同組會農業倉庫とあるようです・・・

2019/09/08
北海道は光線の色合いがいい・・・

2019/09/08
駅へ戻って・・・秀逸な看板・・・
貸自転車屋さん?

2019/09/08
下車駅稼ぎのため一駅戻ります。列車が接近・・・跨線橋から・・・

美瑛 745 801

北美瑛 805 816

2019/09/08
北美瑛で下車・・・

2019/09/08
カーブの途中にぽつんとある駅ですが、
プランターや駅前の花壇など、手入れが行き届いています・・・

2019/09/08
列車が来ました・・・ホームのカーブ具合がよろしい。

北美瑛 805 816

富良野 901 1115

2019/09/08
丘陵にパッチワークのような畑が広がる、
美瑛地方らしい風景が続く・・・

2019/09/08
西中駅近くの素晴らしい風景・・・
富良野岳・・・十勝岳でしょうか?

2019/09/08
富良野に着くと、滝川方面からのDF200-54の牽引する貨物列車が到着するところでした・・・
雄大なシグナルブリッジと信号扱所が見えます・・・

2019/09/08
グォングォンと、エンジン音を響かせながら入線・・・

2019/09/08
気動車は乗ってきた列車・・・

2019/09/08
先程のシグナルブリッジを観察します。右手は信号扱所・・・
あとで左手の跨線橋に・・・

2019/09/08
跨線橋の上から・・・入換作業が始まったようです。
幼少時、参宮線の宮川駅で飽くことなくD51の入換え作業を眺めていた事を思い出します・・・
レイアウトでもD51牽引・解結貨物の複雑な入換え作業を楽しみたいと計画していますが・・・

2019/09/08
台風の影響か、北海道にしては珍しく少々暑い・・・
後でいとこに聞いたところ、9月としては記録的な暑さだったとのこと・・・

2019/09/08
入換の合間にも、シグナルブリッジも観察しなければなりません・・・
時間はあるようで無いのです・・・

2019/09/08
一通り、入換作業を終えたのか・・・こちらにやってきました・・・
2019/09/08
今度は駅の反対側、帯広側へ行ってみます・・・
こちらにも、先ほどのものより、やや小ぶりながら3線を跨ぐシグナルブリッジが在ります・・・

2019/09/08
元、転轍手小屋・・・現在は除雪器具の保管庫となっているようです・・・

2019/09/08
道路橋から駅方面を望む・・・手前に3線を跨ぐシグナルブリッジ・・・
左奥にDF200-54・・・

2019/09/08
駅へ戻ると先程のDF200-54が、待合室直近に居ます・・・

2019/09/08
ホームからも間近かに観察して・・・金山へ向かいます・・・
近々廃車になるという、何とかエクスプレスも来ましたが、
例によって撮り逃がしました・・・

富良野 901 1115

金山 1147 1220

2019/09/08
金山に着きます・・・右奥にレンガ油庫・・・
車内は鉄チャンで一杯でしたが、金山で降りる人は他に一人だけ・・・

2019/09/08
以前訪れた時とあまり変わりはないようですが・・・

2019/09/08
背面の亀裂は広がっているような気がします・・・
この区間が廃線になって見ることができなくなるくらいなら、
いっそのこと保存修理を兼ねて、
北海道の博物館に移設してもらいたいところ・・・

2019/09/08
良い佇まい・・・建物財産標には明治44年とあります。

2019/09/08
安全第一の碑・・・

2019/09/08
今なお美しい造形美・・・焼き過ぎレンガを組み合わせています・・・

2019/09/08
布部駅まで引き返します・・・

金山 1147 1220

布部 1242 1426

2019/09/08
布部駅・・・

2019/09/08
興味を惹かれるのは木造倉庫・・・
こういったものは、いつのまにか壊されている事も多いので、
記録しておかなければなりません・・・

2019/09/08
布部駅正面・・・前に停まっているハーレーは北見から来たという、おっさんの乗機・・・
木造駅舎を巡っているそうです。
「北海道の駅はこんなのばっかりだよ〜」 と・・・

2019/09/08
駅本屋の建物財産標・・・

建物財産標

本屋1号
昭和2年

2019/09/08
布部駅の昔の姿・・・今は、新建材に覆われていますが、
出入り口上の柱などに面影が残っています。

2019/09/08
暑いですが関東地方に比べればまだまだ・・・

2019/09/08
駅構内の外れに転轍手小屋のようなものがありますが・・・

2019/09/08
建物財産標には

建物財産標

詰所 6 号
S20年 □月 □日


とありますが・・・

2019/09/08
元在った建物を最近、新しく建て替えたもののように思われます。
中には除雪器具と、分岐器用と思われる油類が置かれていました。
写真の右側に元の小屋の残骸らしきものが積み上げられています・・・
窓枠は新製ではなく、元の建物のものを流用しているように思われました。
念のため細々、寸法を計測します・・・

2019/09/08
付近の転轍機・・・
連動機構の木製の覆いは大分、破損が進んでいます・・・

2019/09/08
ホーム上から眺める木造倉庫・・・

2019/09/08
木造倉庫と気動車の進入風景・・・今度は山部駅へ・・・根室本線を行ったり来たり・・・

布部 1242 1426

山部 1433 1539

2019/09/08
山部駅で下車・・・200〜300m程、戻って元、踏切警手小屋・・・
先回、訪れたときに幾寅駅で役場のおじさんに教えてもらった建物。

2019/09/08
x
建物財産標には

建物財産標

詰所  号
M33 年 □月 □日


とあります。
この区間が開通したのが、明治33年ですから
開業当初からのものということができます。

外側に取り付け穴が残っているので、付け直した事が判ります。

2019/09/08
板壁は新建材で張り替えられていますが・・・扉や窓枠は当初のものと思われます・・・
冬期などは、寒い中、踏切警手のおじさんが旗を振っていたのでしょうか?

2019/09/08
ここでもシグナルブリッジの観察・・・

2019/09/08
造形的に面白い・・・露出を上げて細部が判るように・・・
雪詰まりを防止した、北海道の色灯式信号機はかっこいい・・・

2019/09/08
ホーム端から・・・踏切警手小屋が僅かに見えます・・・

2019/09/08
街道に在った倉庫の扉・・・

2019/09/08
駅へ戻って、いよいよレンガ油庫の観察・・・

2019/09/08
油庫の建物財産標・・・明治44年とあり、踏切警手小屋よりは新しい・・・
女子鉄が訪れていまして、建物財産標の存在に気が付かないようでしたので、
教えて差し上げました・・・

2019/09/08
木造倉庫とレンガ油庫・・・

2019/09/08
木造倉庫にも建物財産標が残されています・・・

建物財産標

倉庫 1号
S10年□月□日

2019/09/08
シンプルなシグナルブリッジ・・・踏切警手小屋がチョット・・・
なんと、傾きかけた周辺の電柱は全て木製です・・・

2019/09/08
板張りホームの支えを観察・・・ここでも露出オーバー気味に・・・
木が腐りにくい北海道ならではのホーム・・・

2019/09/08
一日、この辺りで過ごして、ようやく帰途に・・・

山部 1433 1539

滝川 1657 1702
         レ ライラック34
札幌 1755

2019/09/08
芦別にも大柄なシグナルブリッジ・・・

2019/09/08
滝川で、ライラック34号に乗り換え・・・

2019/09/08
夕飯は札幌のホテルで駅弁・・・
札幌駅で他はほとんど売り切れだったので、芸の無い事に昨日と同じ・・・


 白老駅  へ戻る・・・   次は 札沼線 へ・・・

油庫リスト へ戻る

無軸_top