無軸_top
SL銀河 令和最初の鉄行動は、おと休で釜石線へ・・・初めてSL銀河を撮影します。
Line君はこの一週間後、やはりおと休で、新潟方面へ出掛ける予定ですが、この梅雨時・・・

2019/06/22
「お宅が、どしゃ降りで、抑止とかになって・・・俺がピーカンだと最高に楽しい・・・」 などと、
相変わらず被害者意識全開の憎まれ口を叩いていますが、どうなることやら・・・
上野駅で、はやぶさ 45号の進入を撮って出発・・・

北柏 433

柏 436 447

上野 516 606
     レはやぶさ45
仙台 732 801
     レやまびこ41
新花巻 907

2019/06/22
新幹線と在来線の格差が激しい新花巻駅で、上り列車を見送り・・・
はまゆり1号は東北地方局地的豪雨の影響で、早速15分遅れ・・・
Messengerで逐一様子を伺っているLine君は楽しそうです・・・

新花巻 907 922(15分遅れ)
レ はまゆり1
遠野 1004 1104

2019/06/22
遠野へ到着・・・
「SLにはまだ時間がありますか?」などと聞かれ・・・
荒天で登山を中止したハイカーが大挙押し寄せてきた模様。
この時、跨線橋下、手前のホーム側の倉庫が、変なのに気づかず・・・

2019/06/22
遠野駅の眺め・・・ 新しい建物ですが好感が持てる・・・

2019/06/22
跨線橋が見えたので、観察しに行きます・・・
よく育ったホタルブクロ・・・

2019/06/22
このような路地を進み・・・
地方都市の割にはあまり寂れてもなさそう・・・

2019/06/22
跨線橋へ到着・・・
しばし、写真を撮ったり観察したり・・・


2019/06/22
跨線橋から遠野駅の眺め・・・

2019/06/22
遠野駅へ戻って・・・先程は気付きませんでしたが、
跨線橋下には、片流れではない両側流れ?切妻屋根の倉庫が・・・
非常に珍しい・・・

2019/06/22
陸中大橋に着きます。下車したのは私一人だけ・・・

遠野 1004 1104

陸中大橋 1138 1620

2019/06/22
駅前すぐ目に付くところにある蔵・・・
レンガ造りのように思えますが、よく判りませんでした。
密着して建物が建っていたことが、入り口上の跡から判ります。

2019/06/22
陸中大橋駅に在る鉱石ホッパーのうち、小型のもの・・・
レイアウトに好適です。

2019/06/22
そのホッパーを配して撮ってみる・・・
今日のSL到着もこのように撮れると良いのですが・・・

2019/06/22
鬼ヶ沢橋梁のロケハンを終え、SL撮影までにはまだ間があるので、
駅から600m程のところにある旧釜石鉱山事務所を訪問。
写真は、その途中の建物が立ち並んでいたと思われる石垣。

2019/06/22
旧釜石鉱山事務所前には鉱山車両の一群が・・・

2019/06/22
E609・・・

2019/06/22
何か判らん???

2019/06/22
B654・・・

2019/06/22
バトラーショベルとマインカーローダー。いずれも軌道用の車輪が付いていますが、
坑道先端の切羽で、どういう手順でレールを敷いて掘削したのか?不思議に思うところ・・・

バトラーショベル
米国ノードバーグバトラー社製
昭和4年に釜石鉱山のローダーとして最初に導入
されたものである。抗道掘進に盛んに使用され
昭和8年から昭和9年にかけては新山500m通洞抗
で全長800mの掘進に高能率を発揮した。
その後昭和12年には新山350m通洞抗の開さくに
使用され、通洞の完成とともにその使命を終えた
同機は日本で最古の掘進用ローダーといわれて
いる。

マインカーローダー
米国ガードナーデンバー社製
昭和9年頃導入されたもので釜石鉱山としては
バトラーショベルに次ぐ2号機である。
戦前の記録は不明であるが、戦後抗道掘進
の省力化急速化を画るため昭和23・24年頃
新山下部抗で盛んに使用され活躍した。


(坑道の坑の字が通常と異なりますが、
慣用的に使用されている可能性も考慮し、
そのまま掲載しました。)

2019/06/22
このレンガの塊は、カルバート(暗渠)片とのこと・・・

2019/06/22
旧釜石鉱山事務所前・・・
右手には高炉跡。

2019/06/22
鉱山事務所の内部がそのまま再現されています・・・

2019/06/22
手廻式計算機・・・
これで給料の計算などしていたのでしょうか?
そろばんの方が早そう・・・

2019/06/22
和文タイプライター・・・

2019/06/22
4号A自動式電話機。他にも興味深い展示物が色々・・・
時間も無くなってきたので、
「大橋高炉跡・釜石鉱山・旧釜石鉱山事務所 解説パンフレット」なるものを購入し、
鬼ヶ沢橋梁へ引き返します。

2019/06/22
鬼ヶ沢橋梁。
既に車利用の鉄チャンが集結していましたが、画角的に撮影には支障なく・・・
この日は 14:26 の撮影でした。

2019/06/22
下り勾配なので煙はありません・・・
汽車はこの先のループ線を大回りして駅へ・・・

2019/06/22
急いで駅へ向かいますが、SL列車到着風景には全然間に合いませんでした。
鬼ヶ沢橋梁を通ってから駅へ到着するまで3分ぐらいでした。

交換列車の進入・・・

2019/06/22
それでも大型のホッパーを配して出発風景。
先頭の蒸機と次位の客車(実は気動車)との汽笛が呼応し出発・・・
 14:41 撮影

2019/06/22
久々にドラフト音を堪能・・・

2019/06/22
やたら低い位置で撮っているのは、後方に望遠レンズを構えた先客がいるため。

2019/06/22
全駅名標を撮って・・・

2019/06/22
明日に備えて、八戸へ・・・

陸中大橋 1138 1620

新花巻 1752 1842
     レやまびこ57
盛岡 1854 1937
     レはやぶさ33
八戸 2012


 山北・函南  へ戻る・・・   次は 宮守川橋梁 へ・・・

油庫リスト へ戻る

無軸_top