無軸_top
肥薩線 Line君から、国内線でマイルを消費したいから付き合え・・・との事で、九州へ行くことに・・・
ところが、4/20、航空券を手配し終わった途端、霧島連山が噴火し始め・・・

2018/06/09
Messengerで、霧島噴火してるねぇ〜 と・・・
噴火は怖いので吉都線踏破は諦めて、肥薩線で北へ抜けるコースに変更。

前日には、またまたLine君から、
台風来てるねぇ〜 と・・・
台風5号が本州南岸沖を通過中で、梅雨前線を刺激。天気も悪そう。

写真は、モノレールから山手線方向を見る。

北柏 433

柏 436 447

上野 516 520

浜松町 534 543
     レ 空港快速
羽田空港第一ビル 559
羽田空港 625
      |JAL641
鹿児島空港 810(羽田で燃料搭載に時間を要し13分延着)
           |タクシー \3,120-
隼人

2018/06/09
鹿児島空港からタクシーで隼人駅へ・・・
ネット予約した「ぐるっと九州切符」を受け取る、
みどりの窓口は周辺ではここしかないので・・・

2018/06/09
Line君とは一旦別れ、この気動車に乗ります・・・

隼人 903

嘉例川 927

2018/06/09
嘉例川駅で下車。
他にほとんど下車する人もおらず、森に消える列車を見送り・・・

2018/06/09
未だ、ひと気のない嘉例川駅・・・

2018/06/09
九州地方の木造駅舎は背が高い。
毛筆体のほうろう駅名標
木製ラッチ、木製のベンチ

2018/06/09
ホーム上屋の照明・・・
風情がありますが何とLED電球です。

2018/06/09
木製のベンチ・・・
壁際の造り付けのベンチと、その支えなどにも注目。

2018/06/09
待合室の様子・・・この後、弁当屋さんがやってきて、店を広げます。

2018/06/09
昔の小学校の校舎を思い出します・・・

2018/06/09
特急到着前は、ほとんど人影も無く、良い時間を過ごせました・・・
右端に見える記念碑には次のように・・・
----------------------------------------------------------------
登録有形文化財
JR肥薩線嘉例川駅駅舎
この駅舎は明治三十六年(一九〇三)国分(現隼人)から吉松間の
鉄道が開通した時に建てられました。
建てられた当時は、「鹿児島本線」と呼ばれていました。現在は
肥後(熊本)と薩摩(鹿児島)とを結ぶ意味で「肥薩線」と呼ばれています。
駅舎は霧島市隼人町北部に位置し、南に面して建っています。
桁行十六メートル、梁間六メートル、切妻造、平入、外壁は真壁と
下張りからなり、北側にはプラットホーム上屋を付けてあります。
東半に待合室、西半に事務室を配し、換気口等、建築当時の造作を
よく残しています。
嘉例川駅舎は、旧鹿児島本線の明治期の遺構として貴重であるとして
平成十八年三月二日に国より登録有形文化財に登録されました。
平成十八年十一月十二日 霧島市教育委員会
----------------------------------------------------------------
登録有形文化財記念碑
嘉例川駅舎
記念碑について
この記念碑は、百年の木造の駅舎にちなんで霧島の
百年の杉材を用いて造られています。
三枚の板は、霧島連峰の代表的な山である韓国岳、
高千穂峰、新燃岳を表しており、また、板の三つの窪みは
霧島の代表的な池である大浪池、六観音池、不動池
を表しています。

2018/06/09
常に湿気が高いようで、苔がフォトジェニックに繁茂・・・

2018/06/09
旧駅事務室は展示スペースになっており、
駅名標や、赤い通標閉塞機(タブレット払い出し機)写真などの展示・・・

2018/06/09
構内踏切が在ったことを示す階段・・・

2018/06/09
珍しい、一部が手書きの建物財産標

建物財産標

本屋1号
嘉例川建1号
明治36.1

2018/06/09
弁当屋さんから買い求めた「百年の旅物語 かれい川」を木製のベンチで・・・
寡聞にも知らなかったのですが、かなり有名な駅弁なようです・・・
九州駅弁グランプリで3連覇も果たしたそう。
写真での見かけは多少地味ですが、結構ボリュームもあり大変おいしい・・・
しかも土休日限定、数量限定なので買えただけでも幸運と云わねばなりません。
以下、お品書きから

ようこそ百年の駅舎 嘉例川駅へ
駅弁 百年の旅物語 「かれい川」

本日のお弁当
(ご飯)
竹林に囲まれた嘉例川駅をイメージし、霧島市の
棚田で取れた「ひのひかり」に地元嘉例川の
松下実雄さんが原木栽培した「しいたけ」と竹の子を
炊き込みました。

(おかず)
ガネ
鹿児島県特産の紅さつまの天ぷらです。野菜の水分
だけで作り、揚げました。
※ガネ=鹿児島弁で蟹の事をガネと言います。
揚げあがった形が蟹に似ている
所からこの名前がついたとされています。

千切り大根の煮物
嘉例川の豊富な野菜の中から、千切り大根と
蒟蒻の煮物です。

みそ田楽
茄子と南瓜を香ばしい手作りの麦みそで田楽に
仕上げました。

スセ(酢の物)
大根と人参をさっぱりと仕上げました。

嘉例川コロッケ
地元のしいたけ、竹の子を混ぜ込んだ満腹コロッケです。

[森の弁当 「やまだ屋」住所〜 電話〜]

お弁当箱や、かけ紐も竹と竹の皮を編んだもののようで、捨てるのが勿体ないくらい。
隅々まで大変手間の掛けられた駅弁です。
味は特にガネが印象深かったです・・・
私の最もお気に入りの駅弁の一つになりました。

2018/06/09
かれい川小さな博物館・・・
生憎、開館していませんでしたが・・・

2018/06/09
その、歳月を重ねた窓・・・
普段、写真を撮っているからこそ気付けるものがあります。

2018/06/09
「はやとの風」号が到着・・・
辺りは一気に喧騒に包まれる・・・
これに乗ってきたLine君と再び合流。

2018/06/09
「はやとの風」号に乗車。車内は云わずと知れた水戸岡デザイン・・・

嘉例川 927 1030
    レはやとの風
吉松 1111

2018/06/09
次は、大隅横川駅で少々停車・・・

2018/06/09
ソテツと郵便ポスト・・・
この緑の色調表現は PENTAX ならでは・・・
原画像でお目に掛けたいと思うところ。

2018/06/09
同じ木製ベンチでも、各駅微妙に異なります・・・

2018/06/09
毛筆で書かれた駅名標・・・
風情がありますが、さすがに古いものではないような気がする。

2018/06/09
沿線の集落・・・

2018/06/09
吉松駅に着いて、Line君はどこかへ・・・
駅の右手には・・・

2018/06/09
隣接して近代化産業遺産となっている石造りの油庫(燃料庫)が在ります・・・
改修の影響か屋根瓦と、その載せ方が少々不自然に思える。
案内板には次のように。

近代化産業遺産 【石倉】
吉松駅は、明治36年鹿児島〜吉松間が開通し、42年
人吉〜吉松間開通、大正元年吉松〜小林間、大正5年
宮崎〜吉松間が開通し、鹿児島本線、日豊本線の2大幹線
の分岐点として、多くの乗降客、農林産物等の集約駅として
鉄道の要衝を担った歴史があります。
また、最盛期の頃は機関区、保線区など多くの部署が
管轄され、600人を超える従業員とともに”鉄道のまち”
として栄えました。
現在、その面影は少なくなりましたが、平成21年に、
石倉(燃料庫)が近代化産業遺産に認定されました。
この燃料庫は、明治36年(1903)に、栗野〜吉松間が
開通した当時に作られた施設であり、鉄道施設に関連
したものとしては、現存最古級の石造遺産のひとつとして
数えられます。
また、吉松駅向かって左側に建てられてある「肥薩鉄道
開通記念碑」は、明治42年(1909)肥薩線全線開通を
記念して建てられたもので、平成21年(2009)をもって
100年を経過し、その歴史を物語っています。


2018/06/09
裏手(線路側)に入り口が在ります・・・
扉左脇の二枚の木札には、何か書かれていたと思われますが、
すっかり消え去って判読できなくなっていました。
奥に少し見える蔵のような建物は、鉄道資料館。

2018/06/09
入り口の建物財産標には明治36と・・・

建物財産標

危険品庫1号
明治36.

2018/06/09
さらに、その隣には C55 52号機が在ります。
いわゆる門鉄デフですが、デフレクタの下側後方がカットされている。
前方下側も取り外すことができる。門鉄デフ試用期の名残と推察されています。

参考文献:門鉄デフ物語 −切取式除煙板調査報告−
関 崇博 ネコ・パブリッシング
 

2018/06/09
美しく磨きだされたロッド
よく手入れされています


2018/06/09
蒸機分配弁の締め切り弁一つ一つにも名札が・・・
この説明は初めて見ました。左から

(前照灯など)灯用発電機(への蒸気を送るコック)
(エアブレーキ等の)空気圧縮機
ATS発電機(ATS専用の発電機です。安全系は他の電気回路とは独立しています)
(ボイラーへの給)水ポンプ
暖房用(昔の客車は機関車からの蒸気暖房でした)
ブロワー(停車時などに石炭が燃えるよう、煙突に蒸気を吹き込み通風します)

2018/06/09
さらに、油庫の隣には小さな鉄道資料館も在って、色々な展示物や解説がされています。
ここでは、特に肥薩線のアーチ煉瓦暗渠の解説をご紹介します。

湧水町に残る近代化産業遺産(アーチ煉瓦暗渠)

湧水町には、鉄道線路をくぐるアーチ型の煉瓦暗渠
(れんがあんきょ)が数多く存在します。
これらは、1909年(明治42年)に全線開業した鹿児島
線(八代−鹿児島間、現在の肥薩線)を建設する際、川
や水路をまたぐ場所に作られたものであり、現在、町内
で確認されている煉瓦暗渠は14ヶ所で、南北に焼く14kmに
わたります。
アーチリング径間が最大のものは@の「瀬久谷川暗渠」
で4.58m、延長が一番長いものはJの「丸池湧水暗渠」
で67.4mにもなります。
特に栗野駅のすぐ横にある「丸池湧水暗渠」は、二連
の暗渠で水の流量を稼ぎ、SLの重圧にも耐えうる4層
のレンガ巻きの構造になっており、国内には例がなく、
大変美しい貴重なものです。
そしてこの暗渠群は、一部を除き人の目に触れにく
い場所にあるため知る人ぞ知る存在であり、現在もそこ
を訪れるには困難な所があります。
これら煉瓦暗渠群は、肥薩線や川、水路など陰なが
ら支える産業遺産であり、今後も時の経過ととも
に益々風格を増していくことでしょう。
(写真)
@瀬久谷川暗渠(W=4.58m,L=38.6m)
A第一馬置川暗渠(W=1.83m,L=64.4m)
B山下須屋川暗渠(W=3.66m,L=59.8m)
C第二宇都川暗渠(W=3.06m,L=16.2m)
D小山ヶ谷川暗渠(W=2.04m,L=13.7m)
E迫田川暗渠(W=3.10m,L=22.9m)
F二反田川暗渠(W=1.84m,L=9.80m)
G第一境谷川暗渠(W=1.20m,L=13.25m)
H第二境谷川暗渠(W=1.20m,L=16.4m)
I竹下川暗渠(W=4.58m,L=30.7m)
J丸池湧水暗渠(W=0.92m×2連,L=67.4m)
K梨木川暗渠(W=3.20m,L=14.0m)
L第一会田側暗渠(W=2.45m,L=29.35m)
M第二会田側暗渠(W=2.43m,L=11.0m)

とあります。栗野駅の「丸池湧水暗渠」にはいつか訪れたいと思うところ。
なお煉瓦製となっているのは、アーチ部のみで、
その他、腰壁やスパンドレルなどは、
切石積みとなっているものが、ほとんどのようです。

2018/06/09
油庫の説明にも在った開通記念碑・・・

吉松 1111 1149
        レ いざぶろうしんぺい
人吉 1308

2018/06/09
吉松からは「いざぶろうしんぺい」号で、先ず真幸駅へ・・・

2018/06/09
真幸駅・・・
微妙にバランスを欠いた表記にも味がある。

2018/06/09
スイッチバックの真幸駅構内を見下ろしながら登坂・・・

2018/06/09
篠ノ井線の姨捨、旧狩勝線の狩勝峠と並ぶ、旧国鉄の三大車窓風景ということですが・・・

2018/06/09
台風も来ているので、さっぱり見通せません・・・

2018/06/09
矢岳駅で少々停車時間・・・

2018/06/09
出札窓口・・・

2018/06/09
給水塔の遺構・・・

2018/06/09
矢岳駅を出て、左上が大畑駅構内です・・・
これからループを描いて大畑駅へ向けて下っていきます・・・
写真中央に見えるのがループ線の行先で、列車は左方から入って、
大畑駅へは逆行で進入します。
大畑駅は日本で唯一、ループ線内にスイッチバックが在る駅ということで有名です。

2018/06/09
大畑駅でも少々停車時間

2018/06/09
Line君が撮ったのと全く同じ構図になってしまった・・・

2018/06/09
給水塔跡が在ります。蒸機はこれからの登坂に備えて、
あるいは峠を越えて消耗した水を給水した訳です
・・・
他に跨線橋に使われた鋳鉄製の支柱が在ります。
あと、木造の詰め所も残されています。

2018/06/09
蒸機時代、乗客の喉を潤したという水場・・・

2018/06/09
トンネルポータルは、見た限りでは全て切り石積みでした。
肥後の石工に代表される様、石材が豊富な事とその加工技術が
進んでいたためと思われます。

2018/06/09
人吉駅に着いて・・・
「いざぶろうしんぺい」号と「やませみ」号の並び・・・

2018/06/09
駅構内を眺め渡すと、遠くに石造車庫と有火の8620型蒸機が・・・

2018/06/09
くま川鉄道のホームからは、何と油庫が・・・
ズームレンズで拡大すると、窓の下に
「人吉 危険品庫2号」の札が見えました。

2018/06/09
駅前からくま川鉄道の改札の脇を抜けて、
油庫の背面へ回り、
様子を探ります。
手前の石垣の積み方にも注目・・・

2018/06/09
石造りの機関庫の裏手へ向かいます。
線路脇に子供向けの鉄道博物館「人吉鉄道ミュージアム」が在って、その屋上から撮影。

2018/06/09
重厚な石造りの機関庫・・・

2018/06/09
機関庫の裏手へ出て・・・
案内されて機関区構内に入れてもらうことができます。
解説板には次のように・・・

人吉駅石造車庫
Hitoyoshi Engine Shed
建造/1911年(明治44年)
選定等/登録有形文化財・近代化産業遺産・九州遺産 近現代遺産101・Bランク近代土木遺産
肥薩線を行き交う列車たちを整備するための車庫。国内唯一の石造鉄道車庫とされ、
現役である。球磨地方には地元産の石材を活かし、肥後の石工技術を駆使した
石造建造物や石蔵がたくさん残されている。石造車庫はそれらの中で最も大きく、
最も古い建物とされている。
【建物の特徴】
・妻壁に開けられた3つのアーチが建物のシンボル。
・柱形(はしらがた)と連続する窓が建物に威厳を与えている。
・頑丈な石造りの壁に軽い屋根をのせた西洋建築の手法である。
・建物の輪郭や窓の上下に「蛇腹」と呼ばれる段飾りがある。

2018/06/09
人吉駅転車台
Hitoyoshi Turntable
建造/不詳・構造設置は1911年(明治44年)頃、回転部は昭和40年頃の改修か

蒸気機関車は運転台が車両後方にしかなく、基本的に先頭方向に走行する。そこで
終点駅では、一旦けん引車両を切り離して方向転換する必要がある。重い機関車
を回転させるために造られたこの施設は転車台(ターンテーブル)と呼ばれ、
橋と同じ構造の台上に機関車を載せ、電動モーターによって回転する。橋状の台は
円の中心部で支えられ、両端は円形に敷かれたレールで支持されている。運転台
が車両の前後にある気動車や電車では転車台も不要となり、最近では転車台も
すっかり珍しいものとなった。人吉駅転車台は、SL人吉の運行には欠かせない
大切な施設である。


少々補足しますと、桁は全長に渡って高さが変化しない、比較的少数だったタイプです。
このタイプは現在では、梅小路、下今市などで見ることができます。

2018/06/09
機関区の北側は水路で囲まれています。
ここでも排水口付きの切り石積み。高い加工技術が見てとれます。

人吉 1308 1438
  レSL人吉
八代 1623

2018/06/09
「SL人吉」号で一勝地駅へ、少々停車時間。
雨が降り始めますが
・・・
ストラクチャーの写真を撮るには、晴れより曇りの方が、
強い影が出なくて良い・・・と負け惜しみ・・・

2018/06/09
白石駅・・・
駅舎の背を高くするのは、暑さ対策なのでしょうか?

2018/06/09
後でよく見たら、少々ジャマされてました・・・
もう台無しですな・・・

2018/06/09
沿線のハイライト、球磨川第一橋りょう、最後尾の展望車から・・・
機関車の煤煙で煙ってます・・・


2018/06/09
坂本駅でも停車時間・・・

2018/06/09
あまり類例の無い、アプローチ・・・

2018/06/09
八代駅で下車・・・
SL人吉号を見送り・・・

2018/06/09
八代駅に在るという油庫はすぐには見つからず、駅員さんに聞いて所在を確認・・・
肥薩オレンジ鉄道のホームの方に在るとのこと。
既にJR駅本屋が改装工事中ですが、「この油庫もいずれ取り壊されるのでは?・・・」
とのことでした。その前に取材できたのがせめてもの救い。

2018/06/09
駅前から・・・
材料は凝灰岩質のようで、それもかなり雨水に弱そうな部類のようです。
雨に当たる部分がひどく浸食、傷んでいます。
吉松駅のものに比べると、石材の選択を誤ったように思える。

2018/06/09
軒下は、吉松駅のものと似ていて、少々凝った構造・・・
屋根瓦の乗せ方はこちらがオリジナルのように思われる。

2018/06/09
肥薩オレンジ鉄道の車両・・・

2018/06/09
こちらは、JRの電車・・・

2018/06/09
改装が始まっている駅本屋・・・
大型で立派な駅本屋ですが、時代の流れとはいえ、取り壊されるのは残念・・・

2018/06/09
通気口の部分・・・

八代 1623 1703

有佐 1718

2018/06/09
有佐駅まで来ますが・・・駅全体が綺麗になっていて、油庫など無さそう・・・
駅員さんに尋ねたところ、
レンガ油庫は、2014年の駅舎建替えの際に取り壊されたとのこと。
端正なレンガ油庫だったのに残念なことです。

有佐 1718 1737

新八代 1742

2018/06/09
新八代へ戻って、後は新幹線で・・・

新八代 1742 1808
     レさくら415
鹿児島中央 1853

2018/06/09
鹿児島中央駅へ・・・
なぜ、巨大な観覧車が在るのか?

2018/06/09
グリーンベルトを走る路面電車・・・
旧い路面電車も見ましたが、撮ることかなわず・・・
この後、Line君と再び合流、宴会となりました・・・
台風接近にも関わらず、大して雨に祟られなかったのは幸運。


因美線・津山線 へ戻る・・・   次は 指宿・枕崎線 へ・・・ 

   油庫リスト へ戻る

無軸_top