無軸_top
因美線・津山線 「おとなび」切符三日目は、保存状態の良い木造駅舎が多数残されている、因美線、智頭〜津山間へ・・・そして津山線から岡山へ抜け、新幹線で広島、可部線の未乗区間へ・・・

2018/05/21
構内の様子を観察したいので、早めに鳥取駅へ・・・

鳥取 518

智頭 558

2018/05/21
朝日を浴びる智頭駅舎・・・

2018/05/21
智頭駅構内。智頭鉄道を含めて4編成も居ます・・・

智頭 558 620
レ下り
美作河井 651

2018/05/21
有数の閑散区間、因美線、智頭〜津山間へ・・・
駅名が、ひらがな表記の時、全て2文字で後が濁音。

ちなみにひらがな6文字が3連続する区間は、
内子線の、いよおおひら・いよなかやま・いよたちかわ・・・
なので伊予中山の駅名標も撮りたい・・・

2018/05/21
車窓から眺める那岐駅・・・今度降りてみたい。
この辺りは有数の豪雪地帯との事・・・

2018/05/21
可愛らしい詰め所のようなものも在り、
興味を惹かれる。

2018/05/21
美作河井駅にで下車・・・
智頭駅を発車する際には乗客はいませんでしたが、
この駅で中高生が大挙乗車・・・少々安心。

2018/05/21
アルミサッシ以外は、よく昔の姿が保たれた木造駅舎です。

2018/05/21
ホーム側から・・・時計がいい位置に在る。

2018/05/21
駅ホームと待合室・・・
現在では、ホームのこちら側は一部、線路が撤去され、
棒線駅となっています・・・


2018/05/21
出札窓口が待合室に張り出した形式・・・
ラッチ側には扉が在る。
ガラス面が多く明るい。

2018/05/21
中高生が居なくなり、静まりかえったホームと待合室・・・

2018/05/21
美作河井駅には近年、土中から掘り出された、
全長12.4mの小型転車台が在り・・・

2018/05/21
案内板には次のように・・・

近代化遺産 美作河井転車台
Heritage of modern age Mimasakakawai turntable
今も哀愁の残る「美作河井転車台」。タブレット閉塞区間の急行列
車が日本で一番最後まで見ることのできた因美線。当時、除雪作業をし
ながら鳥取方面から来たラッセル車を折り返すために使用され、人々の暮
らしを影ながら支えてきました。
(タブレット授受する急行列車の写真)
(転車台とホーム待合室の写真)
(図面)


2018/05/21
転車台の大きな車輪が目をひく・・・

2018/05/21
列車の時間を確認するのを忘れたので、
このアングルになってしまった・・・


2018/05/21
数名の乗客を新たに乗せて、鳥取方面へ向かう列車。

2018/05/21
列車が居なくなると、また静かに・・・
線路の一部がはがされ使われていない側・・・
側線に比べなぜか、それほど草に浸食されていません。

2018/05/21
ホーム待合室・・・

2018/05/21
トングレールが外され、もう使われていない分岐器・・・
比較的旧いタイプなので丹念に観察と写真撮影・・・

2018/05/21
フログの摩耗痕から車輪の乗り移り具合などを調べる・・・

2018/05/21
駅本屋の建物財産標・・・未だ鯉のぼりが・・・

建物財産標

本屋1号
美作河井駅
昭和6年9月30日


2018/05/21
満開のツツジ・・・

2018/05/21
歴史を感じる木目と火気厳禁・・・

2018/05/21
早朝の斜光線・・・あれこれ写真で遊ぶ・・・

2018/05/21
名残惜しいですが次の列車が来ました・・・

美作河井 651 845
レ下り
美作滝尾 907

2018/05/21
鉄橋・トンネル・階段・・・

2018/05/21
美作滝尾駅・・・
まさに映画の中のような理想的な木造駅舎。

2018/05/21
寅さんの撮影に使われた記念碑も・・・

2018/05/21
木製のラッチ

2018/05/21
出札窓口
2列独立した出札台とその支えなどにも注目。

2018/05/21
通票閉塞機を置く出窓に隣の駅名を表示・・・

丹比 1503 1523

安部 1534

2018/05/21
全体には小ぶりな駅舎です・・・

2018/05/21
駅本屋から少し離れて、大柄な貨物駅上屋が在ります・・・
現在は駐輪場として活用。

2018/05/21
骨組みは、荒く面取りした丸太が使われているのが珍しい・・・
一般的な角材を用いるより加工の難易度は高い。
耐久性を考えての事でしょうか?

2018/05/21
建物財産標

美作滝尾貨物上屋1号
美作滝尾駅
昭和3年3月3日
財産番号3

とあります
・・・

2018/05/21
駅周辺を探索・・・殆ど操業していないと思われる製材所・・・
林業が盛んだった頃の名残。

2018/05/21
近くの鉄橋・・・
プレートガーダーですが全面にリベットが打ってあり
薄い鋼板を2枚重ねにしているように思われます・・・
厚い鋼板が製造できなかった為でしょうか?

2018/05/21
駅へ戻って・・・
ガラス窓は昭和初期まで作られていた、
気泡や歪みの多いガラスが多く残っています
・・・

2018/05/21
美作滝尾駅での3時間はあっというまに過ぎ、
次は上り列車で知和駅へ・・・


美作滝尾 907 1152
レ上り
知和 1209 1329・・・

2018/05/21
知和駅で下車・・・

2018/05/21
構造は、美作河井駅とほぼ同様。違いはラッチ側の扉が壁になっているくらいで、
全体の保存状態はこちらの方が良い
・・・
出札窓口が1枚窓に代えられているのだけが惜しいところ。

2018/05/21
ガラス越しに見る駅事務室

2018/05/21
小ぶりな木製ラッチ。

2018/05/21
秘境駅ランキングでは120位となっていました・・・
私的には因美線では最も好ましく思われる駅。
これからも人知れず、この姿を保ち続けて欲しいものです。

2018/05/21
赤いポストとか・・・ラッチとか・・・

2018/05/21
ホームから垣間見る・・・木製ラッチ・・・ガラス窓・・・

2018/05/21
古風でも、変に崩れてしまう事無く、
鉄道の矜持を保ち続けている駅舎のように思いました。
至福の一時間半を過ごして、再び津山へ・・・

知和 1209 1329
レ下り
津山 1402 1435

2018/05/21
駅構内の木造倉庫などを見ると、反射的にシャッターを・・・
美作加茂駅にて。

2018/05/21
今回、8の字に踏破しているので、再び交点の津山へ到着・・・

2018/05/21
津山では、それほど時間もなく津山線へ・・・
津山線も木造駅舎が続いています。写真は誕生寺駅。
いつかは見に来なければなりません。

津山 1402 1435

岡山 1602

2018/05/21
岡山から新幹線で広島へ・・・

岡山 1602 1628
レ のぞみ35
広島 1708

2018/05/21
わずか40分で広島着。すかさず可部線へ・・・

広島 1708 1713

緑井 1736 1751

あき亀山 1808 1827


2018/05/21
途中、緑井駅で下車駅稼ぎ・・・

2018/05/21
終点のあき亀山へ・・・
可部線は2駅延長されたため、その踏破で来た訳です。

2018/05/21
あき亀山駅。付近は割合殺風景・・・

2018/05/21
というわけで中国地方を完乗・・・
四国が全然ですな・・・

追記:これを見たLine君がMessengerで
元国鉄の宮島航路は対象じゃないの?
と余計なチャチャを入れてきました・・・

2018/05/21
あなご寿しで帰途に着く・・・

あき亀山 1808 1827

広島 1919 1936
レ のぞみ62
新大阪 2101 2103
レ のぞみ62
東京 2332 2340
レ 京浜東北線
上野 2348 000

柏 028 035

北柏 038


境線・山陰線・若狭線 へ戻る・・・   次は 肥薩線 へ・・・ 

   油庫リスト へ戻る

無軸_top