無軸_top
釜石線2・大船渡線・阿武隈急行 おと休東北方面2日目・・・再度釜石線を縦断し、大船渡線、
阿武隈急行線を経て磐越西線で会津若松へ・・・

2016/12/04
盛岡から直通で釜石線を再度乗車・・・有名撮影地、振り返りざまの宮守橋梁・・・
この辺りは線路が南北に走っているので、午前中順光のようです・・・

盛岡 601

釜石 911

2016/12/04
遠野駅でカッパと思われる鴟尾(しび)・・・
通常は魚ですが、水中のものは燃えないという事で、
一応、火除けのお守りとしての理屈は通っています・・・

2016/12/04
遠野駅で行き違いとなる列車が出発していきました・・・

2016/12/04
岩手上郷駅を出て直ぐ珍しいレンガ造りの倉・・・

2016/12/04
陸中大橋駅も近くなると、眼下にこれから下っていく先の線路が右手に見えてきます・・・

2016/12/04
陸中大橋駅・・・

2016/12/04
先程通ってきた鬼が沢橋梁を見上げ・・・

2016/12/04
小佐野駅で見た簡易的な車止め・・・

2016/12/04
釜石で三陸鉄道南リアス線に乗り換え・・・
昨日撮影した橋梁を渡る・・・

釜石 917

盛 1009

2016/12/04
恋し浜駅で少々時間調整の休憩・・・
待合室には絵馬として奉納されたホタテ貝が吊るされています・・・

2016/12/04
駅からは長い階段が続いています・・・
駅は高台に在るので震災の際、流出を免れました・・・

2016/12/04
盛駅へ着く・・・左手は三陸鉄道の駅本屋・・・右手はJRのものですがもはや鉄道の駅ではありません・・・
三陸鉄道では入場券を販売してましたが、
JRの方はバスに転換済みということで売っていませんでした・・・

2016/12/04
ところで盛駅構内には鉄道の詰め所が並んでいて・・・

2016/12/04
岩手開発鉄道なるものがあり小さなホームも・・・
近年まで旅客輸送も行っていたそうです・・・

2016/12/04
ホキ101と102の並び。セキ3000とほぼ同一設計とのことですが、外観上は
枕バネに積み荷による汚れを防ぐためのカバーが設けられているのが目に付きます・・・
石灰石の輸送に使用されているようです・・・

2016/12/04
これからBRTに乗って・・・

盛 1035
    | BRT
気仙沼 1156

2016/12/04
線路路盤をアスファルトで舗装した道を進みますが、
それにしては上下の揺れが激しい・・・
写真は全身なまこ壁の蔵・・・

2016/12/04
ときどき元線路から外れ一般道を進む・・・
仮設住宅らしきものも見え・・・

2016/12/04
奇跡の一本松・・・元の木は枯死したため、復元されたもの・・・
奇跡の一本松駅はBRTになってから新設された駅・・・

2016/12/04
気仙沼に着いて・・・曲がりなりにも
旧盛線を踏破・・・

2016/12/04
列車の姿を見てほっと一息・・・
大船渡線は一度、踏破していますが、
そのときは早朝で、よく見えなかったので、
再度、チャレンジ・・・

気仙沼 1222

一ノ関 1342

2016/12/04
川沿いに扇状地を登ったり降りたり・・・

2016/12/04
装飾的で立派な蔵・・・

2016/12/04
一ノ関からは新幹線で仙台へ槻木まで来て
阿武隈急行へ乗車・・・丸森線時代に丸森までは乗ってはいますが・・・

車掌さんから一日フリー切符を買い求めます・・・

一ノ関 1348
       レ やまびこ48
仙台 1422 1430

槻木 1457 1500

福島 1618

2016/12/04
丸森駅の様子・・・

2016/12/04
阿武隈川沿いを直線的に走行・・・
どこか良いところが在れば降りようと思っていましたが、
高規格線路でさしたる興味をそそられる場所もなく、そのまま福島へ・・・

2016/12/04
りんご果樹園があり・・・絵画のように撮ってみました・・・
こんな絵を描いてみたい・・・

2016/12/04
福島着・・・

福島 1628

郡山 1717

2016/12/04
郡山着・・・この時期は日が暮れるのが早いですな・・・

郡山 1745

会津若松 1858

2016/12/04
会津若松へ着くと意外にも濃霧・・・

2016/12/04
会津若松に着いて、また分岐器の写真を撮る・・・
本日は会津若松泊・・・


釜石線1 へ戻る・・・   次は 只見線 へ・・・ 

   油庫リスト へ戻る

無軸_top