無軸_top
しなの鉄道 2017年冬のおと休は、しなの鉄道、飯山線を経て・・・
一旦、帰宅して、今度は仙山線へ・・・という新しいパターンで・・・

2017/01/28
今回も「自然災害に遭わないといいねー。大雪で行程がメタメタにならないといいねー」と
Line君から何時ものように心にも無い、お見送りの電話を受けて出てきましたが・・・

柏駅を出た直後・・・「5時11分頃北千住駅で人身事故がありました・・・
本列車は次の松戸駅で運転を中止します」との報を受け、
松戸駅で緩行線へ、スノーボーダーらと共に乗り換えを強いられます・・・

写真は松戸駅で見た新京成の電車・・・早速、先行きが危ぶまれますが、
それでも、この先の松戸〜北千住間で止まると、身動きがとれなくなる恐れがありました・・・


北柏 456

柏 459 514

松戸527(実時間)533緩行線

西日暮里 551 553

上野 601

2017/01/28
あたふたしましたが、新幹線のシートに納まると少しは落ち着き・・・
富士山がよく見える・・・

上野 601 622
        レ かがやき501
長野 738

2017/01/28
長野駅で下車・・・
以前、長野駅付近で見た木製の車止めを探して三才駅まで往復・・・
行きに一応、発見できましたが・・

長野 738 746

三才 756 822

長野 832

2017/01/28
三才駅から長野方面へ引き返します・・・
ところが今度は見失ってしまい、撮影できず・・・

2017/01/28
長野駅であたふたしていると、最近とんと見なくなったクモユニが来ました(クモユニ143)・・・

2017/01/28
木製車止めを撮影できなかったことが残念で、
今度はGPSナビで目星をつけて徒歩で接近を試みます・・・
球形のガスタンクの向こう側に在ることが判りましたが、
これが精いっぱいの接近・・・
枝の間に雪を被っているのが木製の車止め・・・

2017/01/28
木製の車止めは諦めて、しなの鉄道の一日フリー切符を購入して、鉄道歴史遺産の探索に・・・
屋代駅で好ましい木造跨線橋を発見したつもりでいたのですが・・・

長野 832 952

屋代 1008 1033

2017/01/28
今は、立ち入り禁止となっている跨線橋・・・

2017/01/28
脚部も木製の跨線橋はほとんど見ることはできません・・・
郡上八幡駅でも木造跨線橋を見ましたが、
こちらのほうが原型を留めているようです・・・

2017/01/28
帰って、全木造跨線橋の発見をLine君に報告すると・・・
「その跨線橋、何年か前、お宅と一緒に長野電鉄に行った時、お宅はバチバチ撮ってたぞー」とのこと・・・
遡ってハードディスクを調べて見ると、その写真が多数・・・
全く記憶からは抜け落ちていました・・・年を取るとこうですから困りますな・・・

2011/11/26
その、長野電鉄屋代線が健在だった時に撮っていた写真・・・
この時はホーム上屋も健在です・・・

2011/11/26
こんな写真も撮っていました・・・

2011/11/26
大層、風情のある木造の待合室も在りましたが、現在では失われてしまいました・・・

2017/01/28
この時は、そんな事とは露知らず・・・
ともかく雪景色の中を進む・・・

屋代 1008 1033

上田 1055 1128

大屋 1135 1231

2017/01/28
上田駅で乗り換え・・・

2017/01/28
そして次はLine君が木造の油庫らしきものを見たという大屋駅へ・・・
火の見櫓が、駅本屋近くにあるのが珍しい・・・その向こうに駅本屋が在ります・・・
妻面のメダリオンのようなものが目立ちます・・・

2017/01/28
油庫ではなく木造倉庫でした・・・

2017/01/28
反対側から見る木造倉庫・・・屋根の重なり具合がよい・・・
駅本屋の妻面には特徴的な装飾が・・・

2017/01/28
駅前には古風な街灯・・・ガス灯のようにも見える・・・
街灯の向こうには、「日本で初めて請願によって造られた駅」を記念した石碑・・・
漢文で書かれているので読めません・・・

2017/01/28
切妻面のメダリオンのような装飾・・・漆喰のこて絵の技法で造られた物でしょうか?
細かな穴が開いているようにも見え、通気口の役目も果しているのでしょうか?・・・

2017/01/28
このような妻面の装飾は大変珍しい・・・
大屋駅のOの文字を型取って、付けられたということも云われているようです・・・

2017/01/28
駅待合室に在る大時計・・・右の案内板には次のように・・・
確かに時刻は1分も狂っていませんでした・・・
妻面の装飾、街灯、そして大時計と全体に豪華な造りです・・・

大屋駅の大時計

 大正十一年十一月設置当時の価格七十
円でした昭和八年及び同十九年に修理を
しています。初めのものは分銅式でした
が現在のものは振子式に改造されていま
す。長野鉄道管理局内で同型のもの
は当駅に現存されているのみで正確に時
を刻んでいます。
 昭和六十一年十月十四日 大屋駅

2017/01/28
次は小諸駅へ・・・

大屋 1135 1231

小諸 1245 1425

2017/01/28
小諸駅の油庫は、以前Line君に取材してきてもらっているのですが、改めて自分の目で見たいので・・・
Line君取材後に案内板と建物財産標が追加され、周辺環境も整備されたようです・・・
案内板には次のように記されています・・・

明治時代の鉄道施設・油庫(あぶらこ)(明治42年建築)

 このレンガ倉庫は、小諸駅の鉄道施設のランプの灯油を保管するため
につくられた倉庫です。明治期の客車には電灯の設備がなく、車内の
照明はランプのみでした。また信号機の照明もランプであり、主要駅
に燃料である灯油を保管しておく必要がありました。ポイント用の潤
滑油も貯蔵しておく必要があり、この倉庫はそうした油類の保管倉
庫として建設されました。(「ランプ小屋」「灯室」とも呼ばれた)
 引火を防止するため、駅舎から離れたホームの端などに設置される
ケースが多く、建築材料としてはレンガが多く用いられました。
 旧信越本線の長野県内区間では、ここ以外に現存しているものはな
く、明治期の鉄道史の語り部ともいうべき貴重な産業遺産です。
 信越線小諸駅は、明治21年に開業しました。線路は、大手門の間の
城郭(三の丸)を切り崩してつけられました。その時代、駅は「停車
場」と呼ばれていたので、この庭も「停車場ガーデンと」名付け、ガー
デンハウスもレンガをモチーフとしたデザインになりました。

(写真)明治41年の小諸駅(停車場)一番手前が油庫、
土の盛り上がっているのが、小諸城三の丸跡。
写真提供:牧野直人氏
NPO法人 小諸町町並み研究会

2017/01/28
建物財産標標

小諸構内
駅灯室
63−1062号
昭和 明治41年8月 日

とあります。一部マジックで書いたようになっているのがご愛敬・・・

2017/01/28
背面はよくあるベタ壁です・・・
レンガの小口が見える段に、明るい色のレンガを使用しているように見えます。
レンガの寸法は(220〜225)×(102〜108)×(58〜62)mm

2017/01/28
背面の壁を撮る・・・

2017/01/28
停車場ガーデンにある喫茶店で・・・
ケーキと紅茶を頂いて・・・長い待ち時間も優雅なひと時・・・

2017/01/28
駅に戻って油庫の方へ行ってみましたが、
駅構内からは、これ以上、接近できませんでした・・・

2017/01/28
小海線のディーゼルを見ながら・・・
あちらにも行きたい・・・と考えたり・・・

2017/01/28
前後対称的な第3種甲車止め・・・

小諸 1245 1425 

軽井沢 1449 1509

2017/01/28
次いで信濃追分で降りるつもりが・・・ついうとうと・・・
終点の軽井沢まで乗り過ごしてしまいました・・・写真は軽井沢の旧駅舎・・・

2017/01/28
軽井沢旧駅舎内部は鉄道博物館になっているようですが、それは次の機会に・・・
ホームからアプト式の10000型電気機関車などの写真を撮って、お茶を濁す・・・

2017/01/28
軽井沢から引き返し、ようやく信濃追分にたどり着いて待合室を観察・・・

軽井沢 1449 1509

信濃追分 1518 1550

2017/01/28
待合室の内部・・・雪国の為か梁が頑丈に造られています・・・

2017/01/28
駅前に出て・・・
他の旧信越線の駅と比べると、木造駅舎とはいえ、
あまり大したことのない駅だなあ・・・
と思っていたのですが・・・

2017/01/28
ふと線路側を見ると、何という事でしょう・・・
多少壊れかけとはいえ、木製の車止めが・・・フェンス越しに撮っています・・・
長野駅であれ程接近に苦労した、木製の車止めを間近に見ることができます・・・
明治期のものでしょうか?・・・

2017/01/28
降りたホーム側からも見ていたはずですが、その時は全く気付きませんでした・・・
年を取ると注意力も散漫に・・・
足元が雪に隠れているので、また再訪して調べる必要がありますな・・・
現在、建設中のOJゲージレイアウトにも大いに参考になります・・・

2017/01/28
泊地の上田に戻って上田城へ・・・
ブラタモリを見ていて興味を惹かれた上田城への橋・・・
明るく見える案内板によると、この堀は電車道だったそう・・・
上田温電とは面白い名前・・・

お堀の移りかわり
けやき並木のこの場所は上田城二の丸の堀の跡です。
二の丸をかぎの手に囲んで、その延長は約646間(1,163m)
あり、上田城の堅い守りに役立っていました。(写真1)
その後、昭和3年5月に上田温電北東線が開通し、この地を
電車が通っていました。(写真2)
昭和47年2月に電車が廃止され、現在に至っています。
(写真1)(写真2)

2017/01/28
ブラタモリの映像を見た限りでは、他にも面白そうな橋があったようですが、
到着したのが遅く、暗さも手伝って発見できず・・・
仕方が無いので周辺をぐるっと大回りして宿へ・・・


2017/02/25
唐突ですが、この度、横浜で開催されたカメラショウCP+の同時開催展にLine君が出展、
しかも、その中の一作品がチャリティオークション用にも選出されるという快挙?に・・・
それで冷かしに行って来きたのですが・・・HPに乗せろ乗せろと、うるさいのでUPします・・・


長良川鉄道 へ戻る・・・   次は 飯山線 へ・・・ 

   油庫リスト へ戻る

無軸_top