無軸_top
渡島大野 北海道旅行2日目は・油庫探索・・・渡島大野と小樽築港・・・

2013/10/06
渡島大野の油庫・・・少し探しまわってしまいましたが将来の入り口と目される辺りに在りました・・・

2013/10/06
背面の様子・・・展示するため引き屋という方法で移動してきたようです・・・
移動中に崩れないように補強がされています・・・
元の場所が何処だったか興味が湧きます・・・背景は建設中の新函館駅・・・

2013/10/06
油庫は既にコンクリートで台座が出来あがっていて、その上へ乗せられています・・・
新幹線の駅となるということで心配していましたが、これで将来も安泰でしょう・・・

2013/10/06
朝日の当たる扉の部分・・・

2013/10/06
新幹線が開通したらまた訪問したいところです・・・
ただ、今後新駅の玄関口ということで、屋根や扉のペンキ塗りや補修など行われるのかも知れませんが、
いわゆる老婆の厚化粧にならないようお願いしたいところです・・・

2013/10/06
裏の窓・・・

2013/10/06
切り妻の部分・・・建物財産標の類は見当たりませんでした・・・

2013/10/06
貨物列車がそろそろと大沼高原から降りてきました・・・それでも突然だったので構図が決まらず・・・
跨線橋も在って私的にはいい写真が撮れる駅と思うのですが・・・

2013/10/06
新幹線ができると、さすがにこの跨線橋も取り壊されてしまうのでしょうな・・・
この写真の右手方から列車が降りてきます・・・

2013/10/06
長大な貨物列車・・・

2013/10/06
跨線橋の別角度・・・パネルの色がまちまちなのがいい・・・
ちなみにネットで調べた結果、油庫が在った場所は、画面右手、赤白のカラーコーンが置いてある辺りと判りました。
方向も現在の展示とほぼ同様で、扉は線路方向を向いていませんでした・・・

2013/10/06
その隣では着々と新駅の建設が進行していました・・・

2013/10/06
雄大な北海道の景色ですな・・・

2013/10/06
大沼公園まで普通列車で来て、臨時特急北斗65号へ乗り換えます・・・

2013/10/06
このところJR北海道では不祥事が相次いでいるので、線路を観察してみました・・・レール面が荒れていますが、
これは冬季、氷を踏み込むため寒冷地特有の現象で特に異常というわけではないようです。
それより次に乗った特急でポイントの通りがひどく悪い箇所があったのが気になりました・・・

→追記 9月の異常発覚後に行った緊急点検の際、レールの分岐器周辺の2900ヶ所を調べていなかったことがわかった・・・(10/29)
との報道がありました・・・案の定といいますか・・・本気で改善に取り組んでもらいたいものです・・・
また、乗務員と保線部門との連携はうまくいっているのでしょうか?気になります・・・
2013/10/06
特急は本来の北斗用が修繕のため運用から外れています。それで
ニセコエクスプレス用(キハ183−5001)が充当されていたので前面展望が楽しめます・・・

2013/10/06
跨線橋・・・同一スタイルのものはほとんど無かったように思います・・・

2013/10/06
貨物列車ともたまにすれ違います・・・しかし、そもそもすれ違い列車の頻度がすごく少ない・・・

2013/10/06
これが乗った列車・・・札幌駅にて・・・

2013/10/06
先ず小樽築港まで来て油庫の取材・・・右端にレンガの油庫が見えます・・・
現在は橋上駅ですが、以前の駅本屋は油庫の近くに在ったようです・・・

2013/10/06
窓は鉄板です。積雪対策と思われます・・・

2013/10/06
線路側の様子・・・柵や植栽があります・・・
駅本屋が近くに在った頃の名残でしょうか・・・

2013/10/06
建物財産標 鉄 危険品庫5号 大正7年12月 とあります・・・
黒い方も記載内容は同様ですが12月の12の刻印が見当たりません・・・

2013/10/06
レンガの積み方は下が英国式で、切り妻上部が長手積みです・・・
壁厚みを減らし重量や資材を節約・軽減するための方策と思われます・・・
しかも、よく見ると長手積みの下3段は、縦目地がレンガ中央に来ない変形長手積みです・・・
(反対側は変形長手積みの部分は2段)・・・内部も見てみたいところ・・・

2013/10/06
基礎部分・・・レンガの色が違います・・・

2013/10/06
41年ぶりに、いとこと再会するため手稲駅へ戻って・・・

2013/10/06
いとこのマンションの窓から眺める手稲車両センター・・・北斗星らしき列車も見えます・・・
鉄チャンとしては羨ましい限りの眺望・・・
そして北海道の代表的なお菓子をお土産に頂いて、手稲を後にしました・・・
美冬(石屋製菓)・白い恋人(石屋製菓)・ロイズフォレノアール(ロイズコンフェクト)


順路> 小樽 へ

油庫リスト へ戻る

無軸_top