無軸_top
江差線 探訪 手稲に住むいとこに41年ぶりに会うことになり台風が次々来襲する間隙を縫って北海道へ・・・
飛行機は苦手なので、まずは来年5月に廃止される江差線の乗りつぶしから・・・

2013/10/05
はやぶさ1号で新青森へ・・・E5系は初乗りです・・・

2013/10/05
新青森からはスーパー白鳥で木古内へ・・・

2013/10/05
青函トンネル前後ではいくつかトンネルを通過しますが、現在通過中のトンネル名が表示されます・・・

2013/10/05
木古内からは車掌車を改造した駅本屋を見ては、驚きながら進みます・・・吉堀駅・・・

2013/10/05
簡素な造りの宮越駅・・・

2013/10/05
桂岡駅・・・

2013/10/05
江差駅に到着・・・車内も駅も鉄チャンがいっぱい・・・

2013/10/05
線路際から離れられない鉄チャン供を尻目に、江差市内の見学・・・
私好みの建物が並んでいます・・・

2013/10/05
GPSを頼りに江差町郷土資料館へ向けて歩いていくと、ひときわ佇まいのよろしい洋館が見えてきました・・・

2013/10/05
旧檜山爾志郡役所(きゅうひやまにしぐんやくしょ)です・・・
明治20年に建てられた、北海道庁の出先役所ということです・・・

2013/10/05
内部資料館に展示してある模型・・・手前の半円形の建物は監房です。
昔の役所は、警察機構と役場機構が一緒になっていたそうです・・・
担当の方が簡潔に説明してくれました・・

2013/10/05
その監房の内部・・・左側が看守室で格子の扉が監房です・・・
看守室から見て死角が無いような構造になっています・・・

2013/10/05
その次は旧中村家の見学です・・・左の白いファサードが中村家です・・・
中村家と旧檜山爾志郡役所は共通入館券で500円と廉価でお奨めです・・・

2013/10/05
中村家は江戸時代から漁家を相手に海産物の仲買商を営んでいた近江商人が建てたもので、
色々な商材も扱い、現代の商社・コンビニのような機能も併せ持っていたそうです。
こちらでも担当の方が簡潔に説明してくれました・・・写真は蔵の入り口部分・・・

2013/10/05
2階への階段・・・写真では判りにくいですが跳ね上げ式になっています・・・
重要な商談を行う際は階段を上げてしまい、2階で密談?を行ったそうです・・・
現在、我が家でもOJゲージの大レイアウトを屋根裏に建設するという企みの元、
似たような階段を自作してしまったので、構造・寸法に興味が湧きます・・・

2013/10/05
帳場の様子・・・ここは番頭が座る場所、この左奥に大番頭が座る帳場があり、大金庫が少し見えます・・・

2013/10/05
その大金庫・・・近江商人恐るべしですな・・・

2013/10/05
大番頭帳場の後ろの襖に隠されたように設けられた、こちらも跳ね上げ式の階段・・・
2階には希少な紫檀や黒檀を贅沢に使った床の間などが見られます・・・
あと、共通入館券では旧関川家別荘が見学できましたが、体力が続きそうにないので諦めました・・・

2013/10/05
いにしえ街道を駅に向かいながら横山家・・・漁業・商業・廻船問屋を営んでいた旧家で、手前は現在は蕎麦屋となっています・・・

2013/10/05
開陽丸をさらっと見学・・・カメラやらの重装備もあって体力的にもう限界・・・

2013/10/05
鯡(にしん)漁で栄えた栄華をしのびながら江差駅へ・・・

2013/10/05
蔵の鬼瓦・・・

2013/10/05
凝った造りのゴミ箱・・・

2013/10/05
江差駅へ進入する列車・・・

2013/10/05
積雪で崩壊した空家・・・厳しい自然環境です・・・

2013/10/05
鉄道通信用のハエタタキ型電柱・・・今も残っているとは思いませんでした・・・

2013/10/05
木古内でスーパー白鳥に乗り換え・・・

2013/10/05
泊地の函館に着いて格別大きな0キロポストを・・・奥には乗ってきたスーパー白鳥27号・・・


順路> 渡島大野 へ

油庫リスト へ戻る

無軸_top