無軸_top
関西本線 2013年夏の18切符。連休中は近畿地方の有名油庫探索・・・

2013/08/13
のぞみ5号で来て、前々からカメラに収めたいと思っていた名古屋駅近くのターンテーブルを車窓から・・・

2013/08/13
亀山まで来たら、ホームの端からやはりターンテーブルを・・・上部が補強されていることが判ります・・・

2013/08/13
そして柘植駅の油庫・・・跨線橋近くに在ります・・・
ホーム側の出入り口はシャッターに交換されています・・・

2013/08/13
ホームの反対側にも出入り口が在り、こちらは木製の扉が残っています・・・
昔の構造がどうなっていたかを推定する手がかりになります・・・

2013/08/13
妻は幕上の三角部分がレンガではありません・・・
取り除かれたのか???

2013/08/13
目地の残り具合から推定すると屋根はレンガの一部を削って乗せているようです・・・
修繕はなるべく原型を損なわないようにして欲しいもの・・・

2013/08/13
建物財産標 鉄 駅危険品庫 財産番号1001 明治23年2月・・・
屋根スレート管理標 は施工年月日 平成9年9月28日とあり、ずいぶん最近です・・・

2013/08/13
レンガの上にコンクリートのホームが積み重なっています・・・地層の堆積のよう・・・
低い位置の駅名標・・・

2013/08/13
植栽の在る駅そのものも少なくなりましたが、ここはよく手入れが行き届いています・・・

2013/08/13
  
刺すような陽射しの中、次に乗る列車が入線してきました・・・

2013/08/13
列車の最後部からトンネルポータルを撮りながら・・・関西鉄道時代を偲ばせます・・・
島ヶ原トンネル・・・

2013/08/13
大河原小トンネル・・・また訪れてトンネルポータルを集中的に撮りたくなりました・・・

2013/08/13
プレートガーダーで支えた珍しい跨線橋・・・笠置駅にて・・・


2013/08/13
加茂駅に着いて油庫(ランプ小屋)が見当たらないため在り処を駅員さんに尋ねたところ、
パンフレットをもらい親切に教えて頂きました・・・今ではハイキングコースの一つにもなっているようです・・・

場所はここ↓ 建物の影になってます・・・

2013/08/13
木製扉が残っている出入り口・・・

2013/08/13
建物財産標 鉄 駅 倉庫 財産番号 0004 明治30年10月・・・

2013/08/13
線路側に入り口が在ります・・・

2013/08/13
改修を重ねた結果も加わり、屋根瓦の端がバラエティに富んでます・・・

2013/08/13
壁面が広いのでこんな写真も撮ってみる・・・

2013/08/13
鬼瓦・・・

2013/08/13
こちらは橋上駅からも見える動輪のモニュメント・・・

2013/08/13
大仏鉄道について・・・大仏鉄道時代の架橋跡も在るようで、
パンフレットには大仏鉄道遺構めぐりのハイキングコースも設定されています・・・
機会があれば歩いてみたいところ・・・

2013/08/13
加茂駅から線路沿いに木津方向に少し歩き、加茂小学校の辺りへ・・・
SL展示すぐ・・・大仏鉄道遺構めぐり・・・の看板・・・

2013/08/13
そこには C57 56号機が・・・集煙装置を装備していた時期があるため、煙突が少々短い・・・

2013/08/13
好ましい建物・・・水運業で町が発展していたころの名残でしょうか?・・・

2013/08/13
この辺りの代表的和風建築・・・板壁を巡らし、切り妻部分に黒漆喰を・・・

2013/08/13
それから木津へ出て片町線・・・大阪環状線・・・阪和線・・・東羽衣支線・・・と駒を進め・・・
南海電鉄の羽衣から一駅・・・辰野金吾設計「浜寺公園駅」を見る・・・

2013/08/13
重厚な東京駅と違って、こちらは実に軽やかな設計ですな・・・

2013/08/13
エレガントな行灯・・・斜材のちょっとしたR加工や・・・ボルトの頭も装飾的に利用?

2013/08/13
待合室も実にエレガント・・・シャッタータイミングが難しかった・・・

2013/08/13
ホーム上屋を支える古レール・・・ロールマークも見えます・・・

2013/08/13
再びJRに戻り、阪和線を南下し和歌山市駅などをウロウロして和歌山駅前に泊・・・
猛暑の中、和歌山〜和歌山市間の非冷房車はきつい・・・



順路> 稲荷駅・裾野駅 へ

油庫リスト へ戻る

無軸_top