無軸_top
  油 庫 3 岩宿駅の油庫を見たかったので、Line君の上越線DD51撮影&上信電鉄完乗と併せて・・・
計画はいつものようにLine君におまかせ・・・(丸投げともいう・・・)

2012/10/13
先ず渋川で降りて、Line君のお目当てDD51牽引列車の撮影・・・
背景には妙義山を配して・・・SL撮影では混雑でなかなかこうは行きませんな・・・

2012/10/13
上信電鉄の終点、下仁田にて・・・なかなか面白い線区でまた訪れたいところ・・・

2012/10/13
両毛線へ入って岩宿駅の油庫・・・珍しい大谷石製と丸屋根の組み合わせ・・・。

2012/10/13
背面の様子・・・建物財産標は見当たらず・・・

2012/10/13
窓の拡大・・・昔の小学校の窓のように回転して開くようです・・・。

2012/10/13
元油庫と思いますが危険物貯蔵厳禁・・・木製の扉が残っているのは珍しい・・・(だからですかね?)・・・
シールが丸まってしまうので指で押さえてっと・・・

2012/10/13
岩宿駅全景・・・なかなか好ましい形態をした木造駅舎です・・・
今回の旅行で両毛線には、この他にもいくつか油庫が在ることを確認しました・・・

写真提供:Line 2012/10/24 
自由業であるLine君は出張となると線路際をほっつき歩いています・・・そこでまたまた油庫を取材してきてもらいました・・・
今回はギャラリーとして使用されていることでも有名な、東北本線白石駅の油庫です・・・
 

写真提供:Line 2012/10/24 
建物財産標は見当たらなかった由・・・ 

写真提供:Line 2012/10/24 
案内板の拡大・・・ 

写真提供:Line 2012/10/24 
出入り口上部はコンクリートなどで補強されている例が多いですが、これは石材です・・・
旨く馴染んでいるところを見ると、建築当初からのもののようです・・・扉は木製でしょうか?

写真提供:Line 2012/10/24 
内部の展示の様子・・・内側の煉瓦の積み方は意外に雑なもんですなあ・・・ 

写真提供:Line 2012/10/24 
機関車と共に・・・窓はアルミサッシですが、窓枠は茶色で多少は美観に気を使っているようです・・・
小窓の上部も石材の補強が入っており、丁寧な設計施工であることが判ります・・・
この油庫もホームの嵩上げに伴い低い位置に取り残されてしまっています・・・

写真提供:Line 2012/10/24 
背面中央には「自転車を置くな!」というような張り紙・・・ 


2012/12/22
今度の青春18切符シーズンは、Line君の計画で先ず御殿場線・松田へ・・・またまた他人任せ・・・
松田駅駅舎・・・

2012/12/22
背面の様子・・・木造・漆喰塗りで窓ガラスが在ったりで・・・珍しい様式・・・
障害物のため線路側からは殆ど見えません・・・

2012/12/22
扉の様子・・・建物資産標にはT14年10月とあります。
駅員さんによると、確たる話ではないが、もともと御殿場駅に在った物を、移築したものだそうです・・・

2012/12/22
次いで御殿場駅に移動して大雨の中、駅前のD52を観察・・・状態は良かったです・・・

2012/12/22
「汽車ぽっぽ」作詞 冨原 薫氏略歴

冨原 薫は、明治38年7月3日 当時の駿東郡御厨町御殿場454番地に生まれました。地元尋常小学校、尋常高等小学校を卒業、県立沼津中学に入学、同高卒業後、須走尋常小学校代用教員として赴任。その後、高根小学校に転勤。以後30年余りの間勤務した。その間が作詞作曲の全盛期であった。童謡・唱歌として馴染み深い「汽車ぽっぽ」の作詞は、高根小学校の教師をしていた昭和12年8月に作詞したもので、現在も多くの国民に親しまれ、唄われている。

御殿場深沢の小松さきさんと昭和14年4月に結婚。
昭和50年1月25日 70歳で永眠。
D52の前に在る「汽車ポッポ」の碑・・・

2012/12/22
マンホールの蓋にもD52が・・・

2012/12/22
そして沼津に抜けます・・・ホームの庇(ひさし)の飾りが好ましい・・・このころには雨も上がっていました・・・

2012/12/22
 次は東海道線の原駅へ・・・扉は木造・・・

2012/12/22
背面はレンガ色のペンキが塗られています・・・建物資産標にはM33年3月とありました・・・

2012/12/22
この角度からはペンキ部分との違いがよくわかります・・・PENTAX Qの魚眼レンズで・・・
レンガの積み方は希少なフランス積みです。

2012/12/22
原駅駅舎・・・

2012/12/22
その後、伊豆箱根鉄道で三島〜修善寺へ・・・修善寺にて・・・

2012/12/22
さらに大仁と回って「百笑の湯」という温泉へ・・・いつものように腰痛を癒して帰投・・・


順路> 油庫 4 へ

油庫リスト へ戻る

無軸_top