無軸_top
 中国 調兵山 

Line君からあれこれと海外鉄の提案があるものの、どれも今一つやなーと渋っていましたが
今回の「蒸気機関車運転体験と旧南満州鉄道の面影を追う4日間」(調兵山〜大連)は
雑誌に特集記事も組まれ、良さそうなので乗ってみることにしました。

羽田から北京へ・・・運良く富士山が見えました

北京から瀋陽へ乗り継ぎ
 Line君のブログネタ撮影の様子。長い待ち時間はこのような事をして過ごします。北京空港にて。

瀋陽桃仙空港でガイドさんと落ち合い、そこからさらに車で2時間あまり飛ばします。
もう深夜になろうとする頃ようやく調兵山到着。早速バルブ撮影を開始。
あたりは非常に暗く肉眼では全くピントが確認できません。
この写真では少しピントが甘いのと色彩の濁りが気になります。

感度をISO400からISO200へ落として、濁りを抑えます。シャッター速度30s、絞りf5.6 WB太陽光
跨線橋の形や遠くに見える蒸気クレーンが面白い。

人影はガイドさんたちです。

給炭用の蒸気クレーンも押さえておきます。あえて水平線は修正していません。
クレーンの煙突からちゃんと煙が流れていることに注意・・・

跨線橋が造形的に面白いので・・・
もっと撮りたかったのですが時間もあるので、この辺で撤退を余儀なくされる。

翌朝ホテルの部屋から。調兵山駅が見渡せます。
一両の蒸機は昨晩と同じ位置に留まっています。炭坑の町なので遠くにボタ山も見えます。

上写真の左側を望遠で・・・黄砂に霞むボタ山と、建物は炭住でしょうか。

早朝、黄砂に煙る中をディーゼル機関車牽引の旅客列車の到着。


蒸機列車も発車していきます。

駅で本格的に撮影開始。どうしてもディーゼル機関車が変な顔に見えてしまいます。

上の写真で到着した汽車の機回し・・・手前は給水スポートです。
線路配置は私には少々直線的過ぎますな。枕木も本当は木の方が・・・ (^^;)☆\バキ!!

客車の反対側に連結・・・

並んだ状態。

反対側のホームに停まっていた汽車が発車して行きます。

こちらも出発。

加速していきます・・・。

調兵山で宿泊のホテル。

踏切ですな・・・ほとんど色彩がありません。

踏切の近くで撮影。

>次は 2・調兵山 へ

無軸_top