無軸鉄道模型_top

旋盤の魔改造 往復台 ミニ旋盤 Compact3の往復台の構造・精度に問題があることが判り、
真鍮で、魔改造を図ります・・・

2019/08/22
DROを設置したのですが、その表示を観察していると、
往復台の進行方向が替わる毎に、一旦、意図する方向と逆方向に進み、
(最悪0.12mmほど。以後、逆走距離)
その後、ようやく意図する方向に進み始めるように見えます。

原因を調べると、送りネジが、主レール(ベッド)の外側かつ低い位置にあるため、ネジの押圧↘で、
往復台の↑矢印の部分が僅かに浮き上がり、さらに↖矢印の方向へ、
往復台が振れている事が判明しました。
DROが離れた位置にあるため、テコの原理で、一層その動きが拡大されて見えます。

往復台の↑矢印の直下には、押さえ板が来ておらず、効果的に浮き上がりを抑えることはできていません。
(往復台をロックするための押さえ板はあるが、往復台の移動中は機能しない)

旋盤によっては、主レールの間に送りネジを設けた機種もあり、
それは、このような往復台の不安定な動きを、避けるためと思われます。

2019/10/20
加えて、時計旋盤や、先輩諸兄の魔改造旋盤には、
主レールとの摩擦を低減するため、真鍮製往復台としたものが在ります。
そこで、それらを参考にしながら、往復台を製作する事にしました。

作図は主レールの採寸が難しいため、厚紙で断面を作って位置関係を検討したりします・・・

組立図です。移動コマの回転止めは省略してあります。作例そのままではなく、
断面 75×15mm 真鍮フラットバーから加工できるよう設計を変更してあります。
指示なき寸法は図面から拾ってください。
また、機体差もありうるので、実際の寸法を確認するようにしてください。
これを参考にしたけれども、
うまくいかなかった等のクレームは受け付けません。必ず自己責任でお願いします。

2019/10/20
基準となる端面の面を出しておいて、セッティング。
フライス盤は、精度を出すためシムを一旦ばらして、再研磨し、
組み立て時は固めに調整し直してあります。 
先ず最も精度を要する主レールと接する側から切削開始・・・

2019/10/20
先ず中央のV溝を掘ります。エンドミルには
 スポッティングドリル φ10 先端角90°
というものを代用しました。CNC用なので比較的廉価・・・

2019/10/20
次いでV溝の左右の壁面を削ります・・・
V溝の谷はφ3のエンドミルで平らに仕上げます。
加工面はオリジナルより余程、平滑に仕上がりました。

2019/10/20
主レールに置いてみたところ・・・幅は 75mm ・・・
大きく感じますが、オリジナルの鋳鉄製往復台には右側に突起物があるため、
全幅で考えるとそれほど差はありません・・・

2019/11/02
送りネジの押圧を受け止める、移動コマ受けの製作・・・

2019/11/03
U溝部の切削・・・

2019/11/03
移動コマ受けを組付け・・・移動コマが間に入り込み、
送りネジの推進力を往復台に伝えます。
送りネジの偏芯などに拠る不都合な応力は、ある程度逃がすことが可能です・・・
左が、オリジナルの移動コマですが、ガタが多いため作り直しました。
この、一度きりの加工の為に M8×1mm の逆ネジタップが必要です・・・

元の構造では、送りネジのブレが直接、往復台に伝わるため、
切削痕に 1mmピッチの模様が付く事がありました・・・
(送りネジが1mm ピッチだとそうなります・・・)

上面の切削に入る前のセッティング・・・
ダイヤルゲージで平行に設置できたかチェックしています・・・

上面、横送り台が嵌まり込む部分の切削・・・

当初、通常通り、往復台に横送り台のアリ組も、組付けることも考えましたが、
アリ組を切削するための55°アングルカッターが入手できないため諦めました。

そのため、オリジナルの横送り台を加工して、往復台に載せることにしました。
まず、元の横送り台を裏返して、底面をフラットに削ります・・・

切削中の写真は、押さえ金が無いですが、加工中に少し浮き上がることがあり、
きちんと上から押さえないと、正しく平面が出ません・・・

アングルカッターで広い面積を一度に刈り払おうと・・・
ところが鋳鉄なので、しばらくするとこんなことに。
あたりは煤だらけ・・・鋳鉄には随分カーボンが含まれているものですな・・・

往復台と横送り台を組付けたところ・・・
4本のボルトが、押さえ板を↑矢印方向に引き上げ、
(一つは水色の六角レンチが嵌まっています)
押圧を、上から自由に調整できるようにします。
押さえ板の幅も、往復台全幅に広がったので、走行も安定します。

なお、主レールの頂部が往復台に接しているように見えますが、
実際には0.5mm程隙間があります。
出来るだけ刃物台の位置を高くしたくなかった為です。
それでも 2mm 程オリジナルより高くなってしまいました。

隙間が少なく、空気も入りにくくなる為、粘性の高い潤滑油を使用すると、
大気圧の作用も相まってピタッと密着します。

潤滑油です・・・20W-40というやや高粘度のものを使用しています。
4サイクルエンジン・バイク用なので、量が多すぎて困ることもありません。

逆ネジが切ってある移動コマは、
M3の長ネジで回転止めとしています・・・
黒いL型の部材は、その長ネジをバカ穴で、ゆるく支えています。
移動コマは移動コマ受けに、スルッと入るよう精度よく仕上げました。

それでも多少バックラッシュがありますが、DROがあるので不便は感じません。

上面から・・・
横送り台を乗せた、真鍮製往復台・・・非常に滑らかに動きます・・・
調整にもよりますが、DROが示す逆走距離は0.01mmまでに減り
安定した加工ができるようになりました・・・

2019/11/09
この一連の改造で、
横送り台の高さが2mm程、高くなったため、
4ツ爪チャックを使って、両面刃物台の高さを削りました・・・
これでも未だ直径50mmの加工が可能です。

2019/11/10
今度は標準刃物台の高さを削ります・・・
従って、この加工を行うためには刃物台が2個必要ということになります。

トップスライドは、これ以上高さを詰めると
支障が出そうなので、バイトの剣先を2mm下げた物を特注することにします。

また、往復台のすわりが良くなったので、
芯押し台も同じく、真鍮ベースに改造したくなりました。

色々手が掛かる Compact3 ですが、比較的信頼性の高い電気系や静かなベルト駆動、
主レールと回転軸の平行度、三爪チャックの精度、
そして、なにより小型で扱い易い事には満足しています。


ここのURL   http://musikfest.ran-maru.net/OJQ020.html

旋盤 コレット へ戻る・・・  次は フライス盤の魔改造 制御回路 へ・・・

Top page

無軸鉄道模型_top