無軸鉄道模型_top
トンネルポータル   
鐘ヶ坂隧道
しばらく、工具・工作機械関係のページが続きましたが、
今回は、レイアウトビルダーらしくトンネルポータル製作です・・・

建築限界を示すゲージを置いてありますが、場所は梯子の近く・・・
ここにはトンネルを設置しようと思うのですが、柱とのクリアランスが不足するため、
通常の馬蹄形断面のトンネルは設置できません。
トンネル内に柱が飛び出てしまいます・・・

柱を削ればいいじゃん・・・とのヤジも聞こえてきそうですが・・・

そんな中、昨年、訪問した狭山池博物館で入手した冊子の表紙を見ていると、
雰囲気のよろしい逆U字形断面のトンネルが載っています・・・(最右下)

鐘ヶ坂隧道・・・竣工明治16年(1883年)/現存最古の、煉瓦積み道路トンネルということです。
現物は見たことがありませんが、この形態なら無理なく設置できそうですので、
こちらのトンネルポータルをアレンジして設置することにします。

2019/08/03 撮影
古い、逆U字型トンネルといいますと、
関東では清水谷戸トンネルの上り線が、
現役最古の鉄道トンネル(1887年竣工)として有名ですが、
鐘ヶ坂隧道の方が、形態的に面白いので、やはりこちらを製作することにします。

2021/02/14
厚紙に作図・・・

2021/02/17
桧棒を接着、レンガ積みの部分を切り抜き・・・扁額もあります。
建築限界ゲージでも判る様、断面はぎりぎりに設定しました・・・
鉄道黎明期から使用されているトンネルで、断面積が極小という想定です。

実物の扁額には有栖川宮熾仁親王の「事成自同」と揮毫があるのですが、
事が成し遂げられられたのは、自然の成り行きと同じ・・・とも解釈できるような・・・
明治初期、苦労したであろう工事関係者から見れば、身もふたもないお言葉???
本当は、自ずと成るのと同じ様に事が成るというような意味なんでしょうな・・・

胸壁のレンガ壁は英国積みなのですが、
生憎、英国積みのレンガシートの市販品は無いようなので自作します。
レンガ愛好家が英国積みの再現も怠っては、非難轟々なので・・・
レンガの積み方はこちら・・・

工作は、先ず、厚紙上に紙粘土を塗り付け、ラップでくるんでローラーで均します・・・

真鍮板を加工して製作した治具で、
紙粘土にレンガ2段分を順次スタンプして、英国積みを表現していきます・・・

要石(かなめいし:キーストーン)には鶴の彫刻があります・・・
鉄道トンネルに、彫刻が飾られていたものが在ったのかは知りませんが、
重要なモチーフなので、これも同様に再現します・・・

こちらも芯を厚紙で製作し、
それにフレキシブルモデリングペースト(リキテックス)を
少し盛り上げて整形します・・・

これからレンガパターンを写した紙粘土に塗装するところ・・・
東京駅高架橋の赤レンガを顔料とした、アクリル絵の具を用意しました・・・
もちろん色合いはドンピシャですが、特製なので普通色の倍の値段・・・
もう少し廉価だと良いのですが・・・

2021/03/01
レンガの胸壁を取り付け、正面部の塗装も大体終えたところ・・・
先に、ジェッソで下地を整えておいてから、アクリルガッシュを塗ると作業がやり易いです。
アクリルガッシュにセラミックスタッコ(リキテックス)を混ぜると、
ザラザラとした砂感を表現できます。
側面は、石積を表現するための長方形の厚紙を貼りつけ中・・・

2021/03/03
ほぼほぼ出来たので、定位置に置いてみます。
写真で見てみると、肉眼とは少し印象が違い、
塗装やウェザリングが少し雑すぎたようです。
トンネル内壁のレンガはスプリングライン下が英国積みで、上半分が長手積みのようですが、
間違えて全面英国積みを印刷して貼りつけてしまいました。
→後日、修正しました。

安楽に、自然に、レイアウトが完成するようにとの願いを込めて・・・(勝手な解釈です)
「事成自同 令和参年 無軸」の扁額も掲げました!?!

事の理に因れば則ち労せずして成る 韓非


坊谷トンネル 関西本線や常磐線(旧線)のトンネルポータルは、個々にデザインが異なり、
トンネルファンとしては見逃せない線区です。

2021/03/27
関西本線・坊谷トンネルも、名古屋方、湊町方で少し意匠が異なります。
名古屋方は門柱、巻きがレンガで、湊町方はその部分が石材に切り替わっています。
石材の方が製作が楽なので、プロトタイプは湊町方とし、先ず作図してみました。
実物の石材は花崗岩で、スプリングライン下の石材は表面が平滑に整えられています。
トンネル断面は非常に狭く、建築限界ギリギリです・・・

2021/04/12
桧棒と厚紙で枠組みを作りました・・・
胸壁のレンガ部分はこれから製作します。
レンガ壁は、先回とはまた違った製作法を試みます・・・
2021/04/24
翼壁を除いて完成・・・色調は一考の余地ありですな。
もう少し、塗装やウェザリングの腕を上げなければ・・・
2021/07/21
多少、黒煙や鉄錆のウェザリングを施しました。
レンガ壁は、桧棒から製作した英国積みとしましたが、その製作法は別項で・・・

サーキュラソーテーブル へ戻る・・・   次は 8番分岐器 へ・・・    

Top page

無軸鉄道模型_top