無軸_top
第三種甲 車止め 第三種は甲と乙に分かれています。分類法は 鉄道辞典・日本国有鉄道編(昭和33年3月)に拠っています。レールを曲げて作った第三種甲は、意外にバラエティに富んでいます・・・

写真提供 Line 2020/11/15
南海電鉄 汐見橋駅・・・
塗色が独特・・・

2020/09/27
宇和島 元機関区・・・

2019/01/27
有田駅構内・・・

2018/06/25
新夕張駅構内・・・
三角定規のような・・・

2016/07/02
新夕張・・・同じ車止め・・・
別期日の撮影・・・

2017/04/17
新旭川駅構内・・・これは大変珍しい形・・・
レール端を、上方に跳ね上げただけの車止めの形式があり、
(北海道・北陸に現存することを視認しています。写真はありません)
それを第三種甲型に改造した可能性があります。

2021/04/20
こちらも珍しい形状・・・原ノ町構内で・・・
 

2017/06/03
下関総合車両所・・・
長さが合わなかったのか、レールを曲げる位置が通常と異なります・・・
正しくは左右のレールを結ぶ鉄棒が頂部に来ます・・・金網越しに撮影・・・

2017/04/17
今は無き、三江線 式敷駅・・・
この時既に車止め部分のみが取り残されて・・・

2016/08/06
総武本線 横芝駅構内・・・

2016/08/13
外房線 安房鴨川駅・・・
終端先が丸く曲げられている・・・

2016/08/13
こちらも安房鴨川駅・・・終端先が80°くらいの角・・・
同じ安房鴨川駅でも、少し形状が異なるものが混在・・・

2015/08/31
香椎線 宇美駅・・・
継ぎ目板付近で、車止め部分のレールが細くなっているのが明確に判ります。

2015/08/29
筑豊本線 桂川駅・・・
明瞭に終端先が角・・・

2015/08/29
筑豊本線 直方駅・・・
割合、前後対称ななだらかな形状・・・


第三種乙 車止め 第三種乙は、ほぼ一種類と思われましたが・・・


2017/06/07
今は無き、三江線 浜原駅・・・
標準型・・・

2021/04/19
手前は第三種乙車止めですが・・・
自社内で製作したのか、通常、見かけるものとは少々異なる・・・
小坂鉄道 小坂駅・・・

2021/04/19
小坂鉄道の蒸気機関車・・・
こちらも第三種乙に属すると思われる車止め・・


制走堤 制走堤は、現在では第4種車止めに分類されますが、鉄道辞典・日本国有鉄道編
(昭和33年3月)では暫定第二種車止とされていました。


2019/08/25
旧太子駅 現無蓋貨車博物館・・・

2017/09/11
こちらも制走提風・・・
函館市電 湯の川・・・

写真提供 Line 2018/05/03
こちらも制走提風なので・・・
シベリア鉄道 ウゴルナヤ駅・・・

2021/04/19
弘南鉄道 黒石駅・・・
あまり大柄ではない制走提・・・


木製車止め 木製車止めは第何種に分類されるのか判りませんが・・・



2019/08/25
若桜鉄道 八東駅・・・
復元された物と思われます・・・

2017/08/16
信濃追分駅・・・
線路の匐進(ふくしん)の為か、傾いています・・・


分類不可能な車止め 分類不能な車止めです・・・



2018/07/22
枕木を積み上げたもの・・・
東武桐生線 赤城駅・・・

2017/09/11
レール端に、手歯止め程度の小さな三角を溶接。その先に水の入ったポリタンク。
函館市電 函館どっく


車止め1種・2種 へ戻る

   油庫リスト へ

無軸_top