無軸鉄道模型_top
継電連動盤 終端駅から線路を敷き始めていますが、走行試験の他、通電試験やポイント転換試験などを、
行いつつのため、実物の継電連動盤に似た盤を製作します。

2014/06/29
その前に先ず、実物の継電連動盤をご紹介・・・
砂原支線、掛澗(かかりま)駅で使用されていた継電連動盤(装置)。
長万部駅近くの町民センター内、鉄道村に保存展示されているもの・・・

パネルは黒色・・・電圧計が在ったり、信号や安全側線なども描かれています。
中央上部に枠で囲って駅名が書かれており、その下に850と記されていますが、
これは構内長を示しているのかもしれません。
パネルの後ろは、黒くは塗ってありますが素人細工のような木枠でしたので、その辺りも参考にします・・・
停車場平面略図の作成ルールはこちら

2017/05/21
天浜線・天竜二俣駅・鉄道歴史館に保存展示されているもの。
他駅のものに比べて少々大柄・・・
パネル色は青緑系・・・こちらも線路は区間によって色分けされています。
中央上部、駅名の下には600と記されています。
ケースはしっかりした金属製・・・

2015/11/15
根室本線・芽室駅のもの・・・
線路、信号などはクリーム一色で描かれていて、パネル色は青緑系・・・
線路図には、信号や安全側線・ホーム・駅本屋の場所も描かれています。
やはり駅名の下には900とあります。

2016/12/05
只見線・会津宮下駅・・・
パネルは垂直で、色は青みの少ない緑・・・
注意書きやデジタル時計、電話などにも注目したいところ・・・
こちらは駅名は記されてますが、その下に数字はありません。

ところで、継電連動盤が使われるようになった時期と、
当レイアウトの時代設定は若干ずれていますが、そこは気にしないでください・・・

2017/11/26
さて、当レイアウトの継電連動盤は4mm厚の黒ベークライトに、塗装はせずにそのまま使用・・・
トグルスイッチはポイント転換用で、3つ並んだロータリスイッチは本線のキャブ選択スイッチとしました。
上へ載っているのは、以前ご紹介したコントローラー・・・

2017/11/26
6mm幅テプラテープを貼って線路を描いていきます。

2017/12/11
まだ途中ですが記念撮影・・・
電流計はポイントマシンの電流をモニターし、切替え不完全を検出するようにしています。
ポイントが転換完了すると、電流計がゼロを指します。
線路図の赤線はリバース区間となりますので、走行電流の極性の反転があります。
そのため、リバース区間への進入可・不可の信号表示を追加する予定です。

2017/12/04
ポイントの定位・反位表示灯を点灯させて・・・
今後、線路敷設の進捗に合わせて、中間駅・スイッチバック駅・機関区と駅毎に
継電連動盤を製作予定です。

2018/09/16
中間駅(宮川駅)の継電連動盤を作りました。(左)
今回、パネル下地は、アクリルガッシュ(ターナー)のキプロスに、
ペインティングメディウム(リキテックス)を等量混合し、
面積が広いので高エア圧で一気に塗装しました。非常にいい色合いに仕上がったと思います。
ホームや本屋、安全側線も描いたので、いかにも実在しそうな継電連動盤とする事ができました。


菱形交叉へ戻る・・・  次は 工事中

無軸鉄道模型_top