無軸鉄道模型_top
断熱材工事 小屋裏はこれまでにも換気扇をつけるなど高温対策を施してきましたが、
それでも真夏の日中は耐え難い暑さとなります・・・

上図は、小屋裏が外気に比べてどれくらい高温になるかを確認するため、
小屋裏の最高気温と外気の最高気温の差を、8/18〜9/29まで毎日プロットしたもの・・・
換気扇はON/OFF装置により26℃以上の高温になると作動する設定です。
外気の最高気温が33℃の日、小屋裏はそれより10.3℃も高く、もう少し温度上昇を抑えたいところです・・・

そこで色々検討した結果、アルミ断熱シートを張ることにしました・・・
効果は今年の夏に確認する予定です・・・

2016/01/01
先ず作業がやりにくい、軒先に近い箇所からシートの張りつけを始めます・・・
元旦早々、一体何をやっているんでしょう?・・・

2016/01/05
母屋(モヤ)材の上側に、断熱シートの継ぎ目となる部分がきます・・・
そこに継ぎ目隠しのシートを張り終わったところ・・・

2016/01/05
所定の寸法に予め裁断した断熱シートを端からタッカーで止めていきます・・・

2016/01/05
アルミシートは奥田材木店 扱いの ULTRA NT BARRIER rFOIL 厚み0.3mm
というものをネットで購入 1.22m×38mのロールを 3本強使用しました・・・

2016/01/05
断熱の原理ですが、
シート自体は薄いので、シートそのものに熱伝導を妨げる効果はあまりありませんが、

遠赤外線領域の反射率が高い(0.96)ことで、外からの遠赤外線(熱線)を効率よく反射します・・・
一方、 反射率(0.96)+放射率(0.04)=1  の関係から、放射率が小さいため、
たとえシートが高温になったとしても、シート自体からの熱輻射を大幅に低減できるというものです・・・

2016/01/05
冬場の隙間風を防ぐため、切妻の方まで張り込んで終了です・・・

2016/03/26
タッカーは高儀GISUKEパワーハンディタッカーPWHT-100というものを使用・・・
天井に向けて打ち込むと自然にロックが掛かってしまい作業効率が大幅に低下してしまうので、
ロック機構を取り除く改造を施しました・・・
使用した針は計1万本近くにも達しましたが、打ち損じは極くわずかでした・・・
打ち込み強さは最弱にして後でハンマーで追い打ちをしました・・・そうしないと手が疲れます・・・

2016/02/10
一部は写真のように処理しました・・・
三角形のコマを作り・・・

2016/02/10
垂木(たるき)と母屋材との隙間を埋めます・・・

2014/03/22
アルミシートを張り込んだところ・・・

2015/02/21
母屋材には、これまでにもさんざん頭をぶつけたので・・・
緩衝材として、母屋材下側にエアキャップを張り・・・

2015/02/21
アルミシートで覆ってしまいました・・・
この場合断熱とは関係ありませんがネ・・・

2016/02/29
母屋材を継いでいる部分は、金具でさらに補強してからアルミシートで包みました・・・

2016/03/06
野地板への張り込みは終了・・・
母屋材も手前はアルミシートで包み終わっています・・・

2016/03/13
二番目の母屋材にエアキャップを張ったところ・・・
雑然としているのはご勘弁を・・・

2016/03/26
全ての野地板・垂木と母屋材にアルミ断熱シートを張り終わったところ・・・
断熱の効果は未だはっきりしませんが、野地板からの輻射熱は大幅に減っている感じがします・・・
その他にも照明の効率が良くなったのは勿論の事、
天井が明るく銀色になったことで、スッキリ圧迫感が無くなりました・・・

客車が置いてあるのはスイッチバック駅となる部分・・・
最近のOJゲージの客車は軸受けにベアリングを使用している為、非常に転がりが良く、
簡単な水準器では判らないような微小な勾配でも勝手に走り出してしまいます・・・
そのため実際、車両を置いての水平確認は必要不可欠です・・・
当レイアウトでも黄色い花瓶が置いてあるボックス部分に僅かな勾配があり調整を余儀なくされました・・・

さて、断熱の効果ですが、測定の結果、
空気の温度で比較すると、それほど下がっていないという意外な結果・・・
しかし、体感温度と床面の温度は上がらなくなっていますので、
床面温度で比較すると、計測での差がついたと思われます。


   次は 照明工事 

無軸鉄道模型_top