無軸鉄道模型_top
路盤の敷設 いよいよ路盤の敷設です・・・今までは大工仕事でしたが
少しは鉄道模型工作らしくなってきた???・・・いえいえまだまだです・・・

2014/02/23
南側は箱型の路盤とします・・・材料は桐集成材・・・

2014/02/27
カーブ部を接着組み立てているところ・・・

 2014/03/02
カーブ側の裏面・・・

2014/03/03
直線部に強度不足が判明し、補強を接着・・・右手にはふなっしーの座椅子・・・

2014/04/14
東側の高架を仮設・・・

2014/04/14
ストロボを焚いてみる・・・

2014/06/11
スイッチバック駅部の路盤となる箱を作っているところ・・・
少ない本数のハタガネで接着固定するため、添木を併用しています・・・


2014/11/10
路盤の曲線部1×4材で構成している部分の製作方法・・・
先ず、真鍮のアングル材で作った治具をガイドにして、φ6mmの穴あけ・・・

2014/11/10
開けた穴に6mmのダボを圧入・木工ボンドで接着・・・

2014/11/10
相手側の路盤と接着・・・一日乾燥させます・・・
これを6本ぐらい次々に連結していきます・・・

2014/12/27
前項の方法では接合部を強く圧着できないので・・・写真のような治具を作りました・・・
φ19のステンレスパイプをレールに、カリンやメープル材の端材で移動コマを作り、左右は不用になったコタツの脚を流用

路盤は1×4材を写真のようにカットします・・・
曲線は一周を24分割ぐらいがちょうど良いようです・・・

2014/12/27
次に、所定の寸法にカットした路盤に・・・

2014/12/27
穴あけ治具をC型クランプで固定・・・

2014/12/27
電気ドリルで穴あけ・・・キリは黄色にマーキングして所定の深さが判るようにしています・・・

ドリルの下には適切な高さにカットした角材を枕にして、キリが水平に入るようにします・・・

2014/12/27
路盤にφ6mmダボを接着・・・

2014/12/27
端面に木工ボンドを塗布して組み立て・・・C型クランプで治具に固定・・・

2014/12/27
さらに、移動コマの両端にハタガネをセットし、徐々に締め上げていきます・・・

2014/12/27
木工ボンドがムニュとはみ出て圧着完了・・・はみ出た木工ボンドをふき取り、
スケールで角度や縦曲線が出来ていない事をチェックしたら、
このまま一日放置して乾燥・硬化を待ちます・・・


2015/03/10
松丸太をスレスレで乗り越えるため路盤を加工します・・・
先ずテンプレートを厚紙で製作し、加工寸法が適正かを確認します・・・

2015/03/10
ケガキます・・・削る深さは5mm、10mm、15mmの3段階としました・・・

2015/03/10
木工用ルーターで削ります・・・

2015/03/10
切削が終わったところ・・・

2015/03/10
背面を削った路盤を松丸太に乗せたところ・・・
これで余計な勾配を設けること無く、松丸太を乗り超えられます・・・

2015/03/15
ここはSカーブの勾配区間なので撮影の名所になりそうです・・・


2015/10/01
ところで路盤がこのままではカーブがカクカクしていて実感的ではありませんので・・・

2015/10/24
端を曲線に切り落とします・・・曲線のケガキには塩ビ板で自作した曲線定規を使用しました・・・
曲線定規用の大曲線を作図するには三角関数の知識があると簡単に描けます・・・

2015/10/24
さらにルーターで道床の肩となる部分を落とします・・・

2015/10/05
1×4材から14.5mm×19mmの角材を切り出し、
カーブに添って曲げやすいように切り込みを入れ・・・

2015/10/07
路盤の両サイドに接着します・・・この部分が犬走りとなります・・・
実物の路盤の形状は土工定規というもので寸法が決められています・・・

2015/08/11 作図
市販のフレキレール使用を前提に、甲線の土工定規を参考にして寸法を決定・・・

2015/10/06
ハタガネや木ねじを併用して犬走り部分を接着しているところ・・・

2015/09/27
時には多数のハタガネやクランプを動員して接着・・・
分岐部分(信号所)の製作風景・・・

2016/04/29
きれいなSカーブになりました・・・
左奥が先の写真の分岐部分です・・・


   次は コントローラーの製作 へ

無軸鉄道模型_top