無軸鉄道模型_top
床板の敷設 原鉄道模型博物館などにも影響され、長らく封印していた模型の虫が疼き始めました・・・
既に持っていたOJゲージ C53が走行するレイアウトを建設すべく・・・

2011/11/07
長年の経過で物置と化していた屋根裏に、床材となる1×4材を置き始めているところ・・・
斜材(雲すじかい)や吊り木などが在るため、ますます雑然とした印象を与えます・・・
屋根が急角度(30°)ですが、それは当初からこのような計画を秘めていて、
十分なスペースを確保する目的だったのはもちろんです・・・
棟木の下から床面までは2060mmあるので頭がつかえることはありません・・・

2011/11/07
左の壁は天窓から階下へ導光するためのシャフト・・・後日改造します・・・
床(2階の天井部分)に敷いてある銀色のものは断熱材(グラスウール)を被っているカバーですが、
非常に燃えやすく危険なことが判明したため、今後、順次、剥がしていきます・・・

ところで、この状態で梁や床材から足を踏み外すと天井板を突き破って、
階下に転落する事にもなりかねないので、床を張り終えるまでは注意して作業することになります・・・

2012/05/05
奥(南側)の方の様子。断熱材の銀色のカバーは大分、剥がし終わっていて、内部の黄色のグラスウールが露出しています・・・
松丸太の間に2×4材を渡し終えています・・・
強度の問題で2階天井板の上へは乗れないので、梁の上でのアクロバティックな作業となりました・・・

コードレス電話が置いてありますが、工事開始当初の換気扇が無く高温に晒される状況では
リチウム電池の劣化が非常に早く、二夏持つかどうかという有様でした・・・

2013/04/08
床材は梁の上へ直接取り付けていますが、その梁の上を電線が走っている部分があるため、
一部の床材の裏側はルーターで削って電線との干渉を避けています・・・

2012/12/10
松丸太の間に2×4材を渡し、その上へ1×4材を床材として置いていきます・・・
斜めの雲すじかいも何かと工事の邪魔をします・・・

2012/12/10
母屋材から2階天井を吊っている吊り木は、新たに横にさし渡した2×4材に接着固定します・・・
写真は木ネジとC型クランプで吊り木を接着固定しているところ・・・
工作の順番を考えないと、天井が下がってしまう事態に発展するかも知れません・・・

 
その後、吊り木の上部は切断し除去します。

床板は1×4材を使用しましたが、歩くと二条城の鶯張り(うぐいすばり)の廊下のように
ギーギーうるさく鳴ることがあります。コルク板などを挟んでもなかなか止まらず、
家人からクレームが・・・ということにも成り勝ちですので、その点は一考を要します・・・

   2013/05/01


それはともかく、床材を木ねじで固定して終了・・・雲すじかいも撤去して大分スッキリしました・・・
雲すじかいの代わりの方策は後ほど・・・

ところで、床材は3kmほど先のホームセンターから1×4材を一度に6本、
自転車で人目に付かないよう日没後(怪しく)運んでました・・・
床材は1×4材だけでも400本ほど使用しましたので、67回以上、自宅とホームセンターとの間を往復したことに・・・

 
普通の木ネジでは板が微妙に浮き上がったりして、うまく締結できないので、
床材の固定には、W引き寄せビスというものを使っています・・・
サイズは4.2×50mmのものを多く使用しています・・・

 
写真は、2階のトイレから見た3階レイアウトルームの床板です・・・
梁の間に新たに根太(ねだ)を渡していることが判ります・・・


   次は 換気装置の製作 へ

木造軸組み工法の部材名称は こちら

無軸鉄道模型_top