無軸_top
鹿島貨物 順調に撮影機数は増えてます・・・

2012/04/11
本日の71レ・・・ EF64 1015

2012/04/17
本日の71レ・・・ EF64 1002

2012/04/18
本日の71レ・・・NEXを背景に・・・ EF64 1018

2012/04/18
角度を変えて・・・ EF64 1018

2012/04/19
本日の71レ・・・ EF64 1009

2012/04/20
本日の71レ・・・ EF64 1019

2012/04/21
東千葉に所要があったので・・・72レ・・・ EF64 1033

2012/04/24
今日の71レ・・・側面のJRの文字が小さく、正面プレートはクリーム地・・・ EF64 1048

2012/04/25
今日の71レ・・・生憎、正面にはトラスの影が落ちているのでこの角度から・・・ EF64 1006

2012/04/26
今日の71レ・・・ EF64 1026

2012/04/27
今日の71レ・・・「しおさい6号」と共に・・・EF64 1035

2012/04/28
東千葉に所要があったので、途中の成田で73レを撮影・・・ EF64 1013
強光下の逆光で彫りの深いトーンに上りました・・・普段使いのPENTAX Qとは大分特性が違いますな・・・
線路の具合も面白い・・・
PENTAX K5  SMC PENTAX-DA 1:3.5-5.6 18-135mm ED AL[IF]DC WR

2012/04/28
同じく東千葉に所要があったので東千葉で72レを撮影・・・
下り線を横断して側線に入ります・・・ EF64 1038

2012/04/28
東千葉にて・・・空荷は残念ですが、後追いも狙えるのは良いです・・・72レ・・・ EF64 1038

2012/05/08
線路脇の花が賑やかです・・・ EF64 1003

2012/05/12
久々に土曜日に時間が取れたので、田植えの終わった水鏡などを狙って物井〜佐倉間へ・・・
まずは相馬踏み切りにて・・・71レ・・・ EF64 1012

2012/05/12
佐倉駅まで追いかけて・・・平日と違って超望遠が使えるのでアングルもより良く・・・71レ・・・ EF64 1012

2012/05/12
佐倉から自転車でトンネルのある山を超えて少し行くと
旧線の築堤が見えてきます・・・新線から遠いので見逃さないよう・・・

2012/05/12
近影・・・左下に案内板

以下、現地の案内板から・・・

四街道市指定文化財(有形建造物)
  総武鉄道物井川橋梁亀崎橋台跡

 現在のJR総武本線の前身である私鉄「総武鉄道」は、明治二十七年(一八九四年)
に市川ー佐倉間で開業した。
 物井川の低湿地を通るため軌道敷は盛土により築堤し、その端部には土留めの
ため間知石を積み上げて翼壁とする。橋梁は鉄(鋼板)桁で、橋台部分は煉瓦造り
である。煉瓦は、長手方向と小口方向を交互に積み上げるオランダ積みと呼ばれる
積み方で、天端には笠石風の装飾を施す。橋桁を支える部分は花崗岩(御影石)
製の床石を配して補強している。橋台に使用された煉瓦は製造所の刻印が確認
できるものがあり、桜の花びらのモチーフが二種ある。うちひとつは、東京の
小菅集治監(現在の東京拘置所)で製造された、旧法務省の建物と同じ煉瓦で、
日本の煉瓦製造の初期の段階の製品である。
 総武鉄道市川ー佐倉間は、千葉県内で最初に開通した鉄道路線であり、その
当時に建造された物井川橋梁亀崎橋台は県内最古の鉄道遺構として、近代土木
技術史上貴重であることから、四街道市指定文化財に指定された。
     指定日 平成十九年三月五日 四街道市教育委員会

とあるのですが、桜のモチーフの在る煉瓦は発見できませんでした・・・後日再挑戦しようと思います・・・

2012/05/12
旧線のビーム橋・・・こちらは現在の新線から近いのでよく見えますな・・・
コンクリート製の橋台に見えますが、中身は煉瓦積みで表面をモルタルで覆ったもののようです。
当初からそうなのか、後年の追加工事の結果なのかは判りませんでした・・・

2012/05/12
偶然、検測車が通りかかりました・・・水鏡にも映ってラッキー・・・

2012/05/12
73レ・・・どうも水鏡がはっきりしませんな・・・EF64 1037

2012/05/12
NEXだとこんな感じ・・・

2012/05/12
ちなみに水鳥だとこんなにはっきり・・・

2012/05/12
少々複雑な構図にも挑戦・・・72レ・・・EF64 1040

2012/05/12
トンネルの出口まで戻って・・・76レ・・・EF64 1012

2012/05/12
普段71レしか撮れないので見かけないタンクコンテナ・・・クロロピクリン専用・・・

この後は、山を迂回する旧線を辿りながら佐倉駅へ戻り、そして帰途につきました・・・


次は > 鹿島貨物14 へ
無軸_top