無軸_top
東北出張 青函連絡船&花輪線 またもや三沢に出張ということで・・・

2011/07/25
北東北・函館フリー切符で出かけました・・・

2011/07/25
八戸駅で青い森鉄道に乗り換え・・・新幹線ホームの隣にて・・・

2011/07/26
仕事を片付けた翌日、三沢駅から青森へ・・・この日会社はピーク電力抑制のため元々お休み・・・

2011/07/26
壊れかけた土管と石垣と紫陽花・・・
このようなものでも珍しく思えてしまいます・・・

2011/07/26
青森駅まで来てねぷた祭りの飾り・・・本物のお祭りは一生見ることは無いでしょうな・・・(^^;)

2011/07/26
鏡に映した日本海・・・

2011/07/26
時代遅れの鉄チャンには、よくわからん特急が色々・・・スーパー白鳥?・・・

2011/07/26
特急津軽?・・・

2011/07/26
斜張橋の青森ベイブリッジ(というのもなんだか・・・)を入れて・・・

2011/07/26
タイミング的に左側の信号機が赤く映らなかった・・・

2011/07/26
次の電車まで時間があるので青函連絡船を見学・・・

2011/07/26
連絡線に鉄道車両を載せるには、潮位や波、積載量の変化で船は動くので、それに合せて動く可動橋が必要となります。
上下・左右動の他、ねじれにも対応するそうです。そのヒンジの部分・・・

次いで船内へ・・・ 2011/07/26
可動橋のうつりかわりの解説・・・
これって何でしたっけ?・・・見た記憶はあるのですが・・・

2011/07/26
車両甲板・・・

2011/07/26
車両甲板後部の水密扉の在るあたり・・・ポイントやだるま転轍機が在るのには驚きました・・・

2011/07/26
喫水下のエンジンルーム・・・ディーゼル機関8機で1万2千馬力出力するそうです・・・
機関が動いているときの轟音や油の臭いは迫力あったでしょうな・・・

2011/07/26
控え車 ヒ600・・・重い機関車が可動橋に乗らないように機関車の次位に数量連結されて使用されます・・・

2011/07/26
可動橋・・・青函連絡船の歴史や構造などが詳しく書かれたガイドブックが欲しかったのですが、生憎用意されていないとのこと・・・
観光資産には恵まれながらも、一方であまり観光熱心ではないようです。

2011/07/26
八甲田丸・・・祭りには来れなくとも、ここへは何度も足を運びそうです・・・

2011/07/26
近くに係留されている巡視船おいらせ・・・甲板上の20mmバルカン機関砲の存在には観光客は気づかないようでした・・・
当然、このような重装備に至った社会的要請もご存じない事でしょう・・・


2011/07/26
花輪線へ向かいます・・・
  途中、津軽新城駅など興味をそそられましたが、今回は乗り鉄なので・・・弘前の大型の車庫・・・

2011/07/26
リゾートしらかみが追いかけてきました・・・

2011/07/26
弘南鉄道・・・こちらも何れ訪問したいところ・・・以後窓越しの撮影・・・

2011/07/26
碇ヶ関にはレンガ造りの油庫が・・・屋根が少し反っているのは雪の重みのためでしょうか?
厳しい自然環境が垣間見えます・・・

2011/07/26
大館にて・・・この駅から延々1時間半、スイッチバック駅の十和田南駅を越え、山間の田山駅まで帰る女生徒が居ました。
ある意味羨ましい境遇・・・見てるのが携帯ではなく文庫本だともっと宜しいですが、それは時節柄仕方ありません・・・

2011/07/26
虹が見える・・・

2011/07/26
荒屋新町?のターンテーブルと車庫・・・将来SL復活が可能な雰囲気?

2011/07/26
松尾八幡平?・・・窓ガラスを透して撮っていますがボワっとした感じが却っていい感じ・・・
このとき東北線が大幅遅延で車掌さんが行き先を心配して声をかけて下さいました・・・
気持ちの良い旅行ができると、また来ようと思いますです・・・

2011/07/26
盛岡から新幹線で帰投です・・・


今回の行程
2011/07/25 2011/07/26
北柏  516
     レ
柏   518
    535
     レ
上野  604
    634
     レ   はやて153号
八戸  958
   1022
     レ
三沢 1040

三沢   907
      レ     503M
青森  1010
            八甲田丸 見学
青森  1159
      レ     654M
大館  1334
    1347
      レ     花輪線 1932D
盛岡  1641
    1745
      レ     はやて174号
上野  2030
    2037
      レ
柏   2105
    2108
      レ
北柏  2110




今回の使用機材
・PENTAX K5
・SMC PENTAX -DA F3.5-5.6 16-135mm ED AL IF DC WR

無軸_top