無軸_top
佐倉〜成田で撮影する253系NEX  

2010/6/30で253系NEXの営業運転が終了しました。
そこで、これまで撮り溜めたNEX関連の写真を、佐倉側から順にご紹介します。

まずは相馬踏切での253系ラストラン。ヘッドマークも何も無いと鉄仲間には不評でした。2010/07/17 K7 

こちらは新型NEX。梅雨明けの炎天下、辺りに緋色が反射しています。2010/07/17
機材は K7 + SMC PENTAX-DAstar F4 60-250mm ED IF SDM  1/2000 F5.6 ISO400
露出補正-0.5ev。現像設定はナチュラル・彩度+3・コントラスト+1・シャープネスFSU+4

次いで佐倉駅並びのご紹介。 以後 K10GP

次に高崎川鉄橋にて鹿島貨物を撮影

奥に少し見える角張ったレンガの橋脚は、総武鉄道創業時からのもので、なんと明治30年製です。
県の近代産業遺跡にも指定されています。関連情報はこちら

高崎川橋梁を跨線橋の上から

高崎川橋梁

佐倉は元々城下町なので、その風情を残す建物や倉が多いです。

佐倉周辺でも珍しい黒漆喰の建物

蔵が模型のレイアウトのように配置されています。

そこで佐倉の建物を入れて撮ってみる。

あやめ号。編成が短いのでまとめ易いですな。

ヘッドマークが無いので特急でも臨時の表示。


近々中央線に転出予定のクモハ211 3000番台 2挺パンタを意識して撮ってみる。

修学旅行?

ヘッドライトが点灯していないので後追いもそれなりに大切。

突然こんなのがやって来ます。懐かしいですな。

蔵などを入れて撮ってみますがまとまりません。


浅間踏切

成田方面と成東方面が分離するあたり


水田を渡る風が心地よい。

大変電所をバックに撮影。背景が適度にゴチャゴチャしているので流し撮りが効果的。


クモハ211 3000番台の2挺パンタもしっかり押さえます。


この先のカーブから直線に入ったところは有名撮影地の様ですが、
いつも大型三脚を持った鉄に占有されているので撮ったことはありません。

道路橋の上から。こちらも有名撮影地のようですが運が良ければスッキリ撮影できる。

場所はここ↓ 広い歩道が在るので安全に撮影できます。

ここで酒々井駅での新旧NEXの邂逅風景のご紹介。

成田方面から駆け下りてくる旧NEXと待避している新NEXの交換・・・(もちろんウソ)

自転車で佐倉から山を越え酒々井駅を越えてさらに奥地へ向かいます。

左に少し見える寄せ棟の屋根は是非入れたかった。

NEXは遠くでも目立つのでこのような画角も有効。

上の撮影場所はここ↓

さらに奥地へ・・・
画面の上方が地図で示した撮影地です。

見事なアジサイと桜草の取り合わせ。

天神原踏切にて。夕方の撮影ですが、夏の早朝なら正面に光が射すと思います。

力強く登坂する2挺パンタ車は是非撮っておきたいもの。

天神原踏切周辺はこのような様子。これでも国道からすぐ近くです。
昆虫採集の家族連れも、ときどき現れるようです。

天神原踏切の場所↓

成田駅にて。NEXラストラン当日。2010/07/17 K7

無軸_top