無軸_top
 佐倉・大近踏切 

佐倉〜物井間というと、もっと物井駅寄りがスッキリと撮影できて有名なようですが、
今回は鹿島貨物の待避と、もうすぐ見られなくなる車両を狙って、佐倉駅近くの大近踏切で撮影しました。  
2010/05/22撮影

大近踏切。

広角だとこんな感じ。障害物センサなどが邪魔です。この場所で超望遠で撮影可能な人数は約1名です。

場所はここ


3つ目のヘッドライトが逃げ水現象・・・これは何?

Boso View Express 255系でした・・・

8:30頃。接近する鹿島貨物牽機 こちらもヘッドライトに逃げ水現象が生じています。

ゆっくり接近・・・遅いので連写しているとあっというまに フィルム じゃないメモリーを消費してしまいます。

一旦停車。渡り線を横断して佐倉駅の待避線に入るため、上り快速電車が通過するまで待避。

快速電車をやり過ごす。

再び発進

今日の鹿島貨物牽機は EF65 1101。編成が全く見えないのは失敗?

先ほどのと比べて帯の青色が薄いE217系更新車。

レンズのボケ味もよろしいですな・・・この画角で撮影するには焦点距離は35mm版換算で300〜400mmは必要です。

少々引きつけてみる。超望遠だと危険な場所に見えますが、もちろん踏切遮断機外の安全な場所で撮影しています。
(このような当然の事をいちいち明示しなければならないとは面倒な時代になったものですな。)

253系

E259系 今回の使用レンズはいつもの望遠ズーム SMC PENTAX-DA F4 60-250mm ED (IF) SDM
昔の単焦点望遠レンズはこの程度の大きさの画像でも、白と黒の境で色収差が判別できたものですが、全く問題ない描写です。
(私は被写体を画像の中心から大きく外すことが多いので困る事が多かった。)

中央線へ転出予定の2挺パンタ車。

成田線の電車は 酒々井〜成田間の急勾配を、電動車2両が付随車3両を牽引、登坂していきます。
その事を思えば、なかなか力強いものがありますな。

高速シャッターではLEDヘッドサインは写りません。回路エンジニアとしては
ダイナミック点灯ではなくスタティック点灯回路にして欲しいところ。とはいっても一般には通じませんネ・・・

踏切の継電ボックスの鍵
「エ」マークは昔の名残?

113系もそろそろ危うくなりつつある?

Yokoso! Japan マーク無し。


無軸_top