無軸_top
 真岡鉄道    鉄友line君と現地集合で出かけたのですが・・・

遠方からのline君より先行して現地に入り、いつものように寺内で下車。北へ歩きます。
こんな電灯の傘も珍しくなりました。

グラジオラスは暑さでグダグダの感じですが・・・

ヒマワリはさすがにシャキッとしています。
ミツバチもさかんに寄せていますな。

これは一体何ですかね。
丸い石やら、お賽銭のようなものが置かれています。

気動車がすれすれでフレームに入りきりました。

撮影場所はこちら↓

アマガエル。虫食いの穴もそれなりに風情がありますな。

真岡への回送 回6100レ がやって来ました。

今日の一枚。


線路伝いに北へ移動します。
リベットの多い古風なトラフガーター。

気動車は遠くても目立ちますが・・・

汽車は目立ちません。

また、いつもの日赤病院前の蕎麦屋でいつもの天ざる。 営業時間は
 午前10:30 から 午後2:30
のみ.。贅沢ですな。

コリウス(シソ科)の見事な寄せ植え。


この後、真岡駅でようやくline君と合流。待合室で少し涼んだ後、折本へ向かいます。しかし撮影場所はまたもや正反対。
折本のレールでできた構造物。これは一体何?・・・花壇の一種か?

分けの分からない構造物を背景に、
これまた分けの分からない植物を撮影・・・

折本の900m北で。緑の絨毯がきれいですな。

撮影場所はこちら↓

ここでも機関車が緑に埋没してしまった。

夏祭りの御輿が踏切を渡ります。

蒸機を牽いた真岡への戻り 6103レ 火の見やぐらがアクセントになりますな。今度の撮影場所も決まりました。

本日の切符


 真岡鉄道    一週間後、再び真岡鉄道へ・・・

前回、目星をつけた折本で下車。駅舎は結構あちこち歪んでいます。

脚立代わりにするため、今回は数年ぶりに銀箱で出撃。

今回の切符

下館への回送の到着

停車中にも関わらず煙を上げてくれました。
火の見やぐらと共に。それにしても水平が合っていませんな。

下館へ向けて出発。

一時間後、下館で折り返してきた汽車が到着。

うまい具合に煙でホームに居た乗客が隠れてしまいました。
かなり、いぶされているようです。



折本駅の妙な植物の実は次第に大きくなっています。



昼は真岡まで行っていつもの日赤病院前の蕎麦屋で食事。

寺内駅へ 待合室ではツバメが子育てに忙しい。

カノコユリ

ポーチュラカ

真岡線沿線は花が豊富な事も気に入っています。 阿修羅像のように三つの顔を持つお地蔵さん。

寺内駅から北へ歩き、第二小橋踏切へ。
ここは国道が近いので、汽車の通過時間になると車利用の追っかけ鉄チャンがドヤドヤと集まってくるので要注意。

撮影場所の地図はこちら↓

レールへ前照灯が反射していますが、もう少し強調したいところ。


鉄チャンが写りこんでいます。超広角レンズで撮ると面白そうな場所ですな。



再び寺内駅へ戻り真岡への回送を狙います。
側線の跡。昔は貨物扱いも在ったのでしょうか?

ディーゼル機関車に牽かれた回送が接近中。

あっという間に、とうもろこし畑を通り過ぎて行きました。

マリーゴールドの一重咲き

> 真岡鉄道 その1 へ


デザイン屋の日々  鉄友line君のブログ。
 真岡鉄道のホームページ。蒸機の運転スケジュールを確認。
真岡市の天気  真岡市の天気。

無軸_top