無軸鉄道模型_top

 旋盤芯押台 固定センター
 Fixed lathe center
部材をセンター押しで切削する際、格別、高精度・綺麗に仕上げたい時などに、
回転センターより固定センターの方が都合が良い事があります。

そこで先回、製作した治具から、固定センターを製作します。
2022/9/3
先回、チャックアーバー自作時に製作した治具。(手前)
芯押台のφ10ストレートシャンク、ぴったりに製作したので、これを利用しない手はありません。

2022/9/3
主軸を手回しして、ダイヤルゲージが振れなくなるようにして芯出しします。
コレットチャックを使って、とりわけ厳密にセッティングします。
振れは約2μmに収めましたが、現状の腕ではこれが精一杯・・・

2022/9/3
トップスライドを30°にセットして切削します。
スローアウェイチップは、DCMT070202-FV NX2525(三菱)を使用。

2022/9/3
切削が終わった固定センターは、S45CD材を使っているので焼き入れ可能です。
ガス火で赤熱するまであぶって、水で急冷して焼き入れ。

2022/9/3
芯押し台にセットしたところ・・・
作業の遅い当鉄道工場でも、半日も掛からず製作完了・・・

2022/9/6
精度と美観が必要となる、細長い鉄ロッドを切削しているところ・・・
回転センターだと僅かな芯ブレが影響し、
表面に変な模様がついたりして、綺麗に仕上がらない事があります。
その際は、むしろ固定センターの方が良いです。使い方は特にありませんが、
なるべく低速回転で・・・
センター押しする部分は注油して摩擦を減らしてください・・・


この頁のURL   http://musikfest.ran-maru.net/OJQ039.html

Return to 旋盤・チャックアーバー ・・・ Next フライス盤の魔改造・制御系

Top page

無軸鉄道模型_top