無軸鉄道模型_top

旋盤の 回転センター 大 回転センターも、作り直します・・・

右がオリジナルの回転センターです・・・
芯押し台へは汎用性の高い、モールステーパー等ではなく、
φ10 のストレートシャンクで装着・・・

テーパー MT-1 の回転センターを入手し(左)追加工します。
オリジナルに比べてかなり巨大ですな・・・

四つ爪チャックでテーパーの末端をチャックし、
写真のセッティングで手で回転させて、
ダイヤルゲージの針が振れなくなる様にして、芯出しします・・・

テーパーをストレートに削り直しているところ・・・
芯押し台側が φ10.04 だったので、そこまで削ります・・・
スローアウェイチップは、普段使用しているものでは、切削肌が荒れ気味で、色々試用した結果、
意外にも DCMT070202-FV NX2525 (三菱マテリアル)が好結果でした・・・

ゆっくり回転させて、糸鋸で切り落とし・・・

φ10.04 ジャストに仕上げたので、そのままでは芯押し台側へ入りません・・・
油目ヤスリで回転させながら削り、調整します。
均等にではなく、少しウエストが細くなるように削るのがコツ・・・
ガタが出ては困るので、芯押し台には、少し圧入気味にしました・・・

回転センターの周囲にビニルテープを巻き、
フライス盤に回転砥石を取り付けて、軽く押し当て、回しています・・・

左が、追加工の終わった回転センター・・・

回転センターを芯押し台にセットして振れを見ているところ・・・
ダイヤルゲージの振れは 6μm程度に収まりましたので、まあまあ合格・・・


回転センター 小 オリジナルの回転センターも、作り直します・・・

オリジナルの回転センターの誤差の原因は、偏芯ではなく
芯押し台にセットした際、ストレートシャンクのガタが多いことが原因と判明したので、
軸に真鍮パイプを被せて調整します・・・

先ず、回転センターの φ10 部(実際にはφ9.94 ぐらいでした)を φ7.00 ジャストに削ります・・・
こういった加工があるので、先程、加工した回転センターが必要になります・・・

先ず φ15 の真鍮棒に φ6 の穴開け・・・

中ぐり用バイトで慎重に内径をφ7.00まで広げます・・・

回転センターを挿入してみます・・・
入らなければ少しずつ拡張します。
うまく入るようになったところで、ロックタイトで接着固定します・・・

ロックタイトが硬化したら、外径を φ10.04 に削ります・・・

回転させながら、芯押し台に少し圧入する程度まで、油目ヤスリで削ります。
中央部が少し細くなるよう削るのは、大型回転センターと同様・・・

芯押し台にセットし、ダイヤルゲージで振れをみます・・・
回転センター大より若干精度が良く、振れは5μmぐらいでした・・・


送りネジの移設 送りネジを移設し、芯間を確保します・・・

芯押し台を作り直すなどの影響で、芯間が狭くなったため
多少使いづらくなってしまいました・・・
そこで、送りねじを少し右に移設し、芯押し台を主レール外まで退避可能にすることで、
芯間を広げました。

元々右側に在った送りねじホルダーを、左へ(赤矢印)・・・
右側の送りねじホルダーは、元の位置から延長したものを新製しました。(青矢印)

2021/01/01
右側の送りねじホルダーの図面です・・・
ホルダーにはスラストベアリング2個を仕込み、ガタと回転抵抗の削減を図りました。
スラストベアリングはベアリングボールが露出しているため、切子が入るとダメージが大きいです。
そこで、ホルダに埋設し、切子が入りにくい構造にしました。


旋盤・芯押し台 へ戻る・・・  次は フライス盤・制御回路 へ・・・

Top page

無軸鉄道模型_top