無軸鉄道模型_top

ジグソー 工作の達人でも、ジグソーだけは苦手とする方は珍しくないようですが、
レイアウト建設工事で、10年近くもジグソーと格闘していれば、多少は上達するので・・・

2019/04/07 撮影
これまで使用してきた3台のジグソーです。

現在の主力は中央のマキタ製です。
左の赤いのは日立工機製で、購入してから30年以上経ちますが、故障も無く未だに稼動します。
刃先のチャックが旧式で、Boschのブレードが使用できないので最近は出番が少なくなりました。

右はBosch製ですが、電子回路の設計が悪いようで、購入から一年も経たずに起動しなくなってしまいました。
デザインが良く、刃先を照らすのLEDライトなど、使い易い面もあったので残念です。

それらに拠るのか、プロは日立工機(現在はHiKOKI:ハイコーキ)か
マキタを選択するのが常道との事です。

しかし、ブレードに関しては、断然Boschをお奨めします。
国産のものに比し圧倒的に切れ味がよく、直線性や垂直性も優れています。
木工用 超仕上げ T-308B と
木工用 仕上げ 曲線 T-101AO
の2種類を揃えておけば、とりあえず事足りると思います。
後は、長尺や金属用など用途に応じて買い足せば良いでしょう。

特に超仕上げ用の刃先はナイフのようによく切れますので、取り扱いには十分注意・・・

ジグソーのオービタル機能は止め、送りスピードを遅くすると
きれいな切断面が得られます・・・

マキタ製は、当初、可変速ダイヤルがトリガーボタンと別になっているのに不便を感じていましたが、
一定速度で安定した加工をするには、むしろこの方が好ましいと思うようになりました。

後ろの台はジグソー加工を行うための馬。加工用途に応じて4種類作りました。
高さを揃えて作っておくと、大きな材を加工する際、組み合わせて使えるので便利です。

直線に切るにはガイドなどに頼るよりも、見やすいケガキ線をケガキ、
適切な照明を当てることが肝要です。
ジグソーのハンドリングは、本体の後部を左右に振るようにします。
フォークリフトの後輪操舵のイメージです。
もっとも私はフォークリフトの運転をしたことはありませんが・・・

慣れると、加工時間は掛かりますが、丸鋸などより余程直線に、
切断面もきれいに仕上げられる様になります。

マキタ製も永く使用していますが、刃押しローラーの磨耗が、
ブレードを傾け、垂直な切断を妨げている事が判明し、取り除きました。
(矢印の部分に刃押しローラーが在りました)
なので、あまり強い推進力は与えられなくなりました。
(なお、このような改造は自己責任でお願いします。)

他に、切断面が垂直にならない原因としては、ブレードの偏磨耗があります。
垂直切断が不可能になったら、ブレードを新品に交換してみる事もお奨めします。


ローラー ローラーに足を付け、幽霊状態を解消します・・・

2020/05/08
ローラーですが、元々は下のタブを大型万力に咥えて保持するよう出来ているため、
大型万力を使用していない当方では使いにくいのです。
また、保管の際にも足が無いと、ゴロンとその辺に放置しておくほかなく、不便です。
そこで、2×4材と1×4材を使って足を付けました。

2020/05/08
下のタブにボルトを通す穴を3箇所開け、固定しています。
2×4材と1×4材は木工ボンドと木ねじを併用して固定。


継電連動盤 へ戻る・・・  次は 旋盤の芯押し台 へ・・・

Top page

無軸鉄道模型_top